ここから本文です

皮肉か嫉妬か!? モウリーニョがFA杯準々決勝であたるチェルシーに「彼らはもう......」

2/21(火) 23:30配信

theWORLD(ザ・ワールド)

日程的に厳しいユナイテッド

19日にFA杯準々決勝の組み合わせが発表され、モウリーニョ率いるマンチェスター・ユナイテッドは、現在プレミアリーグ首位のチェルシーと対戦することになった。

この抽選結果を受け、モウリーニョ監督が公式記者会見でチェルシーに対して、皮肉とも取れるコメントを残した。

「なにもない」と前置きした後、モウリーニョはこう続けた。「おそらくチェルシーはこのこと(FA杯)だけを考えればいいと思っている。なぜならもう(リーグ)チャンピオンで、他を考える必要がないからね」

「我々は(リーグカップ)決勝を戦わなければならず、サンテティエンヌとも戦わなければいけない。勝ち進むことができれば、ヨーロッパリーグで次の対戦相手と戦わなければいけない。そして我々はリーグでトップ4を狙わなければいけない。我々にはやるべきことがたくさんある」

モウリーニョの言う通り、ユナイテッドは全てのコンペティションに残っており、どれも毎試合重要な一戦となっている。それに比べてチェルシーはUCLやUELの試合もなければ、リーグ戦は首位を独走しており、ユナイテッドよりは好条件が揃っている。明らかに日程、試合数を比べるとユナイテッドが不利だ。夏に大型補強を敢行したユナイテッドはタイトルを取らなければというプレッシャーもあるだろう。まずは、26日に行われるリーグカップ決勝で吉田麻也擁するサウサンプトンと戦い、今季初タイトル獲得を目指す。

http://www.theworldmagazine.jp