ここから本文です

『劇場版 ソードアート・オンライン』動員30万人超え首位!アニプレックス初の快挙

2/21(火) 11:30配信

クランクイン!

 2月18~19日の全国動員ランキングが興行通信社より発表され、アニメ映画『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』が初週土日動員30万人超え、興収4億2500万円を記録し、初登場1位を飾った。本作はスクリーンアベレージも280万円を超える数字を出しており、配給するアニプレックス史上最高のスタートを切った。3月10日より、4DX/MX4Dを導入している全66館で4D版が上映されるなど、しばらくこの勢いは続きそうだ。

【関連】写真でみる「2月18日~19日全国映画動員ランキング」


 先週首位だった『相棒‐劇場版IV‐首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断』は2位。週末土日動員18万人、興収2億2700万円、公開から9日間の動員数は80万人を突破するなど、こちらもシリーズ最高成績に向けてばく進中だ。

 3位に初登場の『1週間フレンズ。』が初週土日動員12万5000人、興収1億5300万円という数字でランクイン。川口春奈と山崎賢人のW主演作だ。ちなみに、近作の山崎が出演した作品の初週土日動員を見ていくと、広瀬すずと共演した『四月は君の嘘』が動員20万人、興収2億4500万円、二階堂ふみと共演した『オオカミ少女と黒王子』が動員19万2000人、興収2億3300万円、土屋太鳳と共演した『orange‐オレンジ‐』が動員26万1000人、興収3億1000万円という結果だったことを考えると、やや物足りない数字か。

 また公開から26週目を迎えた『君の名は。』が8位、公開15週目の『この世界の片隅に』は9位。『この世界の~』は、ついに上映館数が301スクリーンまで増え、いよいよ『君の名は。』よりも上位にランクインされる可能性が出てきた。

 2月18日~19日全国映画動員ランキングは、以下の通り。

第1位:劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール
第2位:相棒‐劇場版IV‐首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断
第3位:一週間フレンズ。
第4位:サバイバルファミリー
第5位:ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち
第6位:キセキ-あの日のソビト-
第7位:ドクター・ストレンジ
第8位:君の名は。
第9位:この世界の片隅に
第10位:マリアンヌ

最終更新:2/21(火) 11:30
クランクイン!