ここから本文です

2017年版「アジアのベストレストラン50」発表=マカオから2軒ランクイン

2/22(水) 18:06配信

マカオ新聞

 タイ・バンコクのWホテルで2月21日夜、2017年最新版の「アジアのベストレストラン50」が発表され、受賞店のシェフらが一堂に会する華やかな授賞式が開催された。

 「アジアのベストレストラン50」の発表は今年で5回目。アジア各地の料理評論家、シェフ、レストランオーナーといった多数のレストラン業界の専門家らの投票によってランク付けが行われるもの。

 ランキング1位は3年連続でタイ・バンコクのインド料理店「ガガン」。マカオからは、いずれもコタイ地区の大型IR(統合型リゾート)シティ・オブ・ドリームズ マカオ内に入る広東料理レストラン「ジェード・ドラゴン」とフレンチレストラン「ザ・テイスティング・ルーム・バイ・ガリオ」がそれぞれ初登場で32位、39位に入った。なお、昨年までマカオで唯一ランク入りしていたフレンチレストラン「ロブション・オ・ドーム」はランク外となった。

 国・地域別のランクインしたレストランの数では、日本、タイ、シンガポールが各9軒で最多、次いで香港の7軒の順。

最終更新:2/23(木) 21:09
マカオ新聞