ここから本文です

藤木直人、沢尻エリカの元夫役に 『母になる』豪華追加キャスト発表

2/22(水) 7:00配信

クランクイン!

 4月スタートの日本テレビ系ドラマ『母になる』の追加キャストが発表となった。沢尻エリカ演じる主人公・柏崎結衣の元夫・柏崎陽一役に藤木直人が決定。ほかには、風吹ジュン、浅野和之ら演技派のベテラン勢に加え、高橋メアリージュン、藤澤遥、望月歩などが出演する。また、すでにクランクインも迎え、撮影初日は結衣と陽一が出会った、16年前のシーンから撮影がスタートしたという。

【関連】沢尻エリカ主演『母になる』出演者フォトギャラリー


 本作は誘拐事件に直面した家族を通して3人の女性が傷つきながら、“母になる”までを丹念に描く物語。息子が3歳の時に誘拐され以来、夫と別れて一人で生きてきた結衣は、13歳となり9年ぶりに姿を現した息子との“家庭”を取り戻そうと葛藤する。陽一は人工知能の研究をしている大学の准教授だったが、事件後にひきこもってしまう。

 撮影終了後に藤木は「プロデューサーも脚本家も以前ドラマ『ホタルノヒカリ』でご一緒していた方なので、声をかけて頂いて光栄です。また、現代社会でこれだけ家族の在り方が多様化する中で、この“母になる…とは?”というテーマを描いていくのはとても面白いし、女性の方は特に興味を持っていただけると思います」と振り返っている。

 続けて、沢尻との共演については「12年ほど前にドラマでご一緒したことがあるのですが、沢尻さんは当時からすでに大人でしたね。大変な役柄なのに、しっかりとしていて、すごいなと感心していました。今回、まさか夫婦役をやらせて頂けるなんて思ってもいなかったので、足を引っ張らないように頑張りたいです」と意気込みを語った。

 新ドラマ『母になる』は、日本テレビ系にて4月より毎週水曜22時放送。

最終更新:2/22(水) 7:00
クランクイン!