ここから本文です

神木隆之介、『3月のライオン』対局中に甘い物忍ばす 共演者にバラされ照れる

2/22(水) 20:34配信

クランクイン!

 俳優の神木隆之介が22日、映画『3月のライオン 前編』の完成披露試写会に登場。ステージ上で司会さながらのトーク回しを行なった一方、有村架純や奥野瑛太ら共演者から甘物エピソードを暴露され、照れ笑いを見せた。

【関連】『3月のライオン 前編』完成披露試写会フォトギャラリー


 本作は、青年コミック誌「ヤングアニマル」(白泉社)で連載中の同名漫画(著者・羽海野チカ)を原作とする青春ドラマ。17歳のプロ棋士・桐山零と彼をめぐる人々の生き様を、前後編の2部作で描く。本試写会には神木や有村をはじめ、倉科カナ、清原果耶、佐々木蔵之介、豊川悦司、染谷将太、中村倫也、前田吟、新津ちせ、奥野、大友啓史監督が出席した。

 神木は今回、中学生でプロ棋士になった天才少年・桐山の役に挑戦。「作品を長期で撮ることが今までなかった。その分プレッシャーもあったけど現場も楽しかった」と言いつつも、対局シーンに言及して「正座をずっとしているわけですよ。1回の本番で10分とか15分、長く集中力切らさずに待っていたんですけど…足がしびれてしびれて」と苦労を吐露。島田開役の佐々木が「対局の後、立ち上がれなかった。本当に足腰が痛くなった」と同調した。

 幸田香子を演じる有村は撮影が「ほとんど神木くんと同じシーン」と回想。「撮影の間、枕の下に“何か忍ばせているな…”と思ってパッと見たらチョコレートが隠されてた。(神木が)『食べていいよー』って。お茶目な一面も見てました」とニコリ。

 山崎順慶役の奥野も、対局シーンで神木から甘い物をプレゼントされたと告白。「“オレだけに(甘い物を)くれているんだろう”と思っていた」ものの、有村のチョコレートの話を聞いて「スゲー嫉妬します」とポロリ。神木の照れ笑いを誘っていた。

 映画『3月のライオン 前編』は3月18日、後編は4月22日より全国ロードショー。

最終更新:2/22(水) 21:53
クランクイン!