ここから本文です

「騒音と健康影響の因果関係」認めるか 第3次嘉手納爆音訴訟あす判決

2/22(水) 9:35配信

沖縄タイムス

 米軍嘉手納基地周辺の住民約2万2千人余が、国に深夜・早朝の米軍機飛行差し止めと、過去分と将来分の損害賠償などを求めた第3次嘉手納爆音訴訟の判決が23日、那覇地裁沖縄支部(藤倉徹也裁判長)である。

 飛行差し止めの是非や、航空機騒音による睡眠妨害で心疾患や高血圧が発症しているなど、住民側が立証を重ねた「騒音と健康影響の因果関係」を裁判所が認めるかが焦点だ。

 提訴は2011年4月。原告は嘉手納、北谷、沖縄、うるま、読谷の5市町村の住民で、一部を除き、航空機の総騒音量を評価するうるささ指数(W値)75以上の区域に住んでいる。原告数は全国の基地騒音訴訟で最も多い。

最終更新:2/22(水) 9:35
沖縄タイムス