ここから本文です

マフィ、レベルズデビューへ! 「仕事やらなあかんですね」

2/23(木) 12:46配信

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

 2月23日にメルボルン(オーストラリア)でおこなわれるスーパーラグビーの開幕戦では、レベルズがブルーズ(ニュージーランド)をホームで迎え撃つ。今季からレベルズに加入した日本代表NO8のアマナキ・レレイ・マフィがこの試合の先発メンバー入りを果たし、22日におこなわれたキャプテンズランの前に取材に応じた。

サントリーから元日本代表の有賀剛、篠塚公史らが勇退

 スーパーラグビー初挑戦で先発の座を射止めたことについて、「嬉しいですね。でも仕事をやらなければならないし、ちょっとナーバスでもある」とマフィ。チームに合流後1週間で迎えた10人制の国際大会『ブリスベン・グローバル・テンズ』ではサインやシステムがマスターしきれていなかったが、2週間たった今はだいぶ習得し、「レベルアップもできた。自分もチームも改善している」と手応えもつかんでいる様子だ。

 マフィは14日におこなわれたプレシーズンマッチのレッズ(オーストラリア)戦でも先発で出場しており、レベルズのトニー・マガーン ヘッドコーチも「彼の攻撃は一流。ゲインラインに乗って、ラインも突破できる。彼はいいタックラーでもあり、スクラムでも強さを発揮する。これらすべて、我々にとって素晴らしい要素であるのは間違いない」と評するほど、すでにチームにとって不可欠な存在になっているようだ。

 日本のシーズン終了後、休みも多く取らずにオーストラリアに来たために疲労が溜まっていたが、レベルズの強度の高い練習をこなしつつ、自身でも体のケアに十分に努めながら、スーパーラグビーのデビュー戦を迎える。「(ブルーズは)フィジカルなチーム。みんないい選手だし、負けないよう、いい試合になるように頑張りたい」と力強く抱負を述べた。

<アマナキ・レレイ・マフィ 一問一答>

Q:先発に入った。感想は?
A:嬉しいですね。でも嬉しいけど、仕事やらなあかんですね。ちょっとナーバスもある。

Q:狙っていましたか?
A:狙っていました、はい。

Q:ナンバー8としてどういうふうにチームに貢献したいか?
A:自分の仕事をしっかりやって、インパクトみたいなのね、しっかり持って、みんなをサポートして、まぁ、いい試合になるように頑張ります。

Q:ブルーズの印象は?  
A:すごい。フィジカルなチームですね。みんないい選手ですし、オールブラックスもいるし。負けないように。楽しみです。

Q:チームに入って2週間経った。システムとサインには慣れたか?
A:ちょっとレベルアップした。自分もチームも、ちょっとみんなインプルーブ(改善)しました。サインとかはまぁまぁ。まぁまぁっていうか、えー、まぁーしっかり覚えています。

Q:2週間、特に何を頑張った?
A:自分のフィットネスね、落ちないように。もちろん日本のシーズンも終わったばかりなんで、この2週間でちょっとしっかり休んで。まぁ疲れも取れました。

1/2ページ