ここから本文です

前年覇者の杉田祐一が元世界71位を下して8強 [京都/男子テニス]

2/23(木) 17:17配信

THE TENNIS DAILY

「第53回 島津全日本室内テニス選手権大会(京都チャレンジャー)」(本戦2月20~26日/賞金総額:男子5万ドル/島津アリーナ京都/室内カーペットコート)の本戦4日目は、シングルス2回戦残り4試合とダブルス準々決勝4試合が行われた。

内山靖崇と綿貫陽介がシードを破って準々決勝へ、前年優勝の杉田祐一は初戦突破 [島津京都チャレンジャー]

 シングルスは、昨年の大会で2度目の優勝を飾った第1シードの杉田祐一(三菱電機)、第2シードのグレガ・ゼムラ(スロベニア)、チェン・ティ(台湾)、予選勝者のロイド・ハリス(南アフリカ)が勝ち上がり、ベスト8が出揃った。

 ダブルスでは、第1シードのサンチャイ・ラティワタナ/ソンチャット・ラティワタナ(ともにタイ)、第2シードのマーク・ポルマンス/ルーク・サビル(ともにオーストラリア)、ルベン・ゴンサレス(フィリピン)/シェイ・チェン ペン(台湾)、ルベン・ビーママンズ/ヨリス・デ ルール(ともにベルギー)の4組が準決勝に進出した。

 2月24日(金)は9時00分からスタートする女子の試合のあとの10時30分以降から、シングルス準々決勝4試合とダブルス準決勝2試合が行われる予定。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Qは予選勝者、PRはプロテクト・ランキング(ケガなどで長期休養を余儀なくされた選手への救済措置)

     ◇   ◇   ◇

【男子シングルス2回戦】

○1杉田祐一(三菱電機)[1] 6-4 5-7 6-3 ●4セドリック マルセル・ステッベ(ドイツ)[PR]

○6ロイド・ハリス(南アフリカ)[Q] 6-4 6-4 ●7ウー・ディ(中国)

○26チェン・ティ(台湾)6-3 6-4 ●28フランコ・シュクゴール(クロアチア)

○32グレガ・ゼムラ(スロベニア)[2] 6-3 6-3 ●29クォン・スンウー(韓国)[Q]

--------------------

【男子ダブルス準々決勝】

○1サンチャイ・ラティワタナ/ソンチャット・ラティワタナ(タイ)[1] 6-4 7-5 ●4ブラズ・カブチッチ/フランコ・シュクゴール(スロベニア/クロアチア)

○7ルベン・ゴンサレス/シェイ・チェン ペン(フィリピン/台湾)7-6(5) 6-7(2) [10-7] ●5ゴン・マオシン/ジャン・ザ(中国)[3]

○9ルベン・ビーママンズ/ヨリス・デ ルール(ベルギー)6-2 3-6 [10-8] ●12スティーブン・デ ワード/アンドリュー・ウィッティントン(オーストラリア)[4]

○16マーク・ポルマンス/ルーク・サビル(オーストラリア)[2] 6-3 3-6 [10-4] ●14ペン・シェンイン/ウー・ディ(台湾/中国)

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:2/23(木) 20:56
THE TENNIS DAILY