ここから本文です

ティーム「この大会は強い選手がひしめいている」 [リオ/男子テニス]

2/23(木) 23:00配信

THE TENNIS DAILY

 ブラジル・リオデジャネイロで開催されている「リオ・オープン」(ATP500/2月20~26日/賞金総額146万1560ドル/クレーコート)は、早い段階で上位シードやクレー巧者が敗れている。

錦織が冷静さを失う「ここ数年で最悪の試合だったかもしれない」 [リオ・オープン]

 第1シードの錦織圭(日清食品)は1回戦で地元選手のトーマス・ベルッチ(ブラジル)に敗退した。試合中に感情を抑えきれずラケットを壊した錦織は、「ここ数年で最悪の試合だったと言えるかもしれない」と言っていた。

 昨年のチャンピオンで第3シードのパブロ・クエバス(ウルグアイ)も1回戦で敗れた。また、昨年準優勝のクレー巧者、ギド・ペラ(アルゼンチン)も同様だ。シード勢8人のうち5人が1回戦で敗れた。

 それにより第2シードのドミニク・ティーム(オーストリア)にとっては、8度目のツアー・タイトルを獲得するための扉が開いたと言えるだろう。ティームは2回戦でドゥサン・ラヨビッチ(セルビア)を6-2 7-5で下して準々決勝に進出した。

 もっともティームは、錦織の敗退が何かを変えることはないと言う。

「この大会には(クレーで)強い選手がひしめいている」とティーム。「もし自分が100%でなければ、誰にだって負けかねない。みなが非常に手強いからだ」。

 第5シードのアルベルト・ラモス ビノラス(スペイン)はファビオ・フォニーニ(イタリア)を6-2 6-3で、ニコラス・キッカー(アルゼンチン)はアーサー・デ グリーフ(ベルギー)を6-3 6-3で倒し、両者が準々決勝で対戦する。

 ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)はフェデリコ・デルボニス(アルゼンチン)を6-4 7-6(1)で破り、次の準々決勝の相手はティームだ。

 今大会は、可能な限りの宣伝を必要としている。というのも、今週は有名なリオのカーニバルが開催され、このカーニバルはほかのすべてを圧倒してしまうほどのものだからだ。

 大会はまた、14度グランドスラムを制したラファエル・ナダル(スペイン)も欠いている。過去数年にわたり大会のトップシードとして多くのファンと注目をひきつけてきたナダルだが、今年は全豪オープン(準優勝)での疲労から出場しない道を選んだ。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: RIO DE JANEIRO, BRAZIL - FEBRUARY 22: Dominic Thiem of Austria returns a shot to Dusan Lajovic of Serbian during the ATP Rio Open 2017 at Jockey Club Brasileiro on February 22, 2017 in Rio de Janeiro, Brazil. (Photo by Buda Mendes/Getty Images)

最終更新:2/23(木) 23:00
THE TENNIS DAILY