ここから本文です

猫好き必見 話題の“にゃんたま写真集”とは

2/23(木) 13:18配信

AbemaTIMES

 2月22日は「ニャンニャンニャン」で、猫の日とされている。今年で制定30周年を迎える記念日だ。

 前日の21日、東京・新宿にあるねこカフェ「きゃりこ」で、映画「ねこあつめの家」のイベントが行われた。この映画の元となったスマホアプリ「ねこあつめ」は2000万ダウンロードの大ヒット。庭先にご飯を置き、集まった猫を眺めたり、猫手帳に記録したりして楽しむゲームアプリだ。

 スマホアプリの実写映画化は日本初。ゲームの世界観をベースに、スランプに悩む小説家と猫の交流を描く心温まるストーリーとなっている。

 劇中の世界さながらのねこカフェというシチュエーションでのイベントに、主演の伊藤淳史さんは「普通の営業中に来てみたい」とコメントした。

 またここ数年猫ブームと言われる中、東京・神保町にある猫本専門の書店「にゃんこ堂」は売れ行きが良くなっているという。店の主人は「猫ブームにうまく乗れた。一年ごとに客足は増えている。猫さまさまです」と話す。

 最近では猫のパーツに焦点を当てた写真集も人気を集めている。「ねこのおてて」は猫の手の写真ばかりを集めた写真集。ふわふわの毛とぷにぷにの肉球をあわせ持った丸っこい手は、猫らしさを表す重要なボディパーツと言える。

 そして、通好みのボディパーツを扱った写真集が「にゃんたま」だ。名前の通り、猫の「タマタマ」である“にゃんたま”を集めた写真集となっている。

 書店を訪れた男性は猫の日の過ごし方について「家では飼えないので、猫の写真集とか猫本でガマンします」とコメント。また赤ちゃん連れの女性は「絵本を買うからお家で読む」とコメントしている。

 また最近では、“にゃんたま”好きがいつでもどこでも“にゃんたま”を感じることができるように、にゃんたま付きトートバッグを作ったファンもいる。このバッグはドワンゴジェイピーストアで販売されている。

最終更新:2/23(木) 13:18
AbemaTIMES