ここから本文です

神戸・道の駅に、食のレジャー施設が誕生

2/23(木) 7:00配信

Lmaga.jp

花と果実のテーマパーク「神戸フルーツ・フラワーパーク」(神戸市北区)が3月30日、「道の駅 神戸フルーツ・フラワーパーク大沢(おおぞう)」としてリニューアル。それに伴い、施設内に「FARM CIRCUS(ファームサーカス)」がオープンする。

果樹園や農園が多く点在する大沢エリアは、神戸を代表する農産地のひとつ。その立地を生かし、「FARM CIRCUS」では農園と観光客をつなぐ「観光コンシェルジュ」を配置。近隣の果樹園などの味覚狩りを案内するほか、農園で収穫した食材を使った料理教室なども定期的におこなうという。料理教室は、地元婦人会による郷土料理のほか、神戸の有名シェフを招いたイベントなども予定されており、対象もファミリーから男性向けなど幅広い。ファーム担当の中田さんは、「サーカス小屋をイメージした施設で、ワクワクするような体験をしてもらえれば」と話す。

施設内では、農産物直売所のほか、神戸ビーフといった地元の名産品を販売。フードコートには、山田錦をつかった酒米ジェラートや地野菜のサンドイッチなどがそろう。オープン時はイチゴ狩りも楽しめるシーズンだけに、神戸の「食」を発信する新たな注目スポットとなりそうだ。

取材・文/太田浩子

最終更新:2/23(木) 7:00
Lmaga.jp