ここから本文です

チームしゃちほこ、見事ミッションをクリアしパワーアップ! リリイベで成果を披露

2/23(木) 11:15配信

RO69(アールオーロック)

チームしゃちほこが、アルバム『おわりとはじまり』のリリースを記念して、発売当日の2月22日20時22分にスペシャルイベント「新生チームしゃちほこ、はじまりじゃ~」を開催した。

メンバーは2月22日の朝8時に、路上デビューの思い出の場所である名古屋城に集合。そこでアルバム発売を記念したイベントの詳細が発表された。アルバムのタイトルが『おわりとはじまり』ということで、チームしゃちほこをパワーアップすべく、5人それぞれに与えられた修行に挑戦することになった。

チーフマネージャーである店長ことミネヒコ麿から、秋本帆華は「色気」を身に着けるべく「日本舞踊」を習いに、咲良菜緒は「忍耐」を鍛えるべく「座禅」に、伊藤千由李は「我慢」することを鍛えるため「恐怖体験」に、大黒柚姫は「話術」を学びに「吉本興業」へ、そして坂本遥奈は「強さ」を身につけるために「ムエタイ」を学びに行くという修行内容を発表。全国各地の修行の地へ向けてそれぞれ名古屋城から出発した。

そして、夜に行わるライブの会場は事前にお客さんにも知らされず、メンバーが各地で行う修行の合間に、メンバーのInstagramで徐々に会場となる場所のヒントが明かされていった。

そして、修行を終えたメンバーがその成果を披露するスペシャルライブが開催された。ライブ会場はLIQUIDROOM。当日の朝から明かされたヒントにも関わらず、会場は満員となった。

20:22にスペシャルライブがスタート。各地で行った5人の修行映像が流れるとファンからは歓声があがった。映像中のミネヒコ麿による「宴のはじまりじゃ!」の合図とともにチームしゃちほこが登場、アルバムに収録されている“パレードは夜空を翔ける”からスタートした。続く“Chérie!”では、「色気」を学んできた秋本が京都にて自ら選んで購入した扇子を使い曲にあわせて日本舞踊を披露した。“Chérie!”がおわり会場が暗くなると、そこにはゾンビの姿が。伊藤の苦手なトマトを手にし「我慢」を試すために現れたゾンビに伊藤は驚いて尻餅をつくも、「ヤッホー!」と笑顔でゾンビを蹴散らした。

MCでは各地で行ったそれぞれの修行を振り返り、お互いの修行での話を披露。お笑い芸人(吉本興業)の学天即・奥田に「話術」教えてもらった大黒は、次の曲の紹介をステージ上で披露することに。「この前のライブ中にお金が客席から飛んできて、メンバーみんなでごはん食べてくださいのお手紙がついてました。ってそんなことなんてない!ないないないといえばあの曲!抱きしめてアンセム!」という流れの紹介から“抱きしめてアンセム”、“ULTRA 超 MIRACLE SUPER VERY POWER BALL”へとライブは続いた。

ここで再びミネヒコ麿がビジョンに登場。咲良の「忍耐」を試すべく、咲良が動揺しそうな映像を流すが、多少のことでは動じない咲良。「座禅」で学んだ「忍耐」強さを見せた。咲良が曲紹介しはじまったのは“シャンプーハット”。そしてアルバム最後に収録されている、高橋優による提供曲“なくしもの”が披露された。

「実は2年半ぶりのアルバム発売なんです!アルバム聞いてくださった方はいかがでしたか??たくさん聞いてくださいね!今日のライブはアルバム『おわりとはじまり』にかけて『おわり=名古屋』、『はじまり=事務所のある恵比寿』ということで、名古屋城ではじまり恵比寿リキッドルームでのライブになりました!」とライブ会場となった経緯を説明。ここでまだ修行の成果を見せていない坂本が成果を見せるべく「ムエタイ」の技をかけたい人を指名。朝早くから忍者の格好にさせられたとのことで坂本がタイキックをしたい人にミネヒコ麿を指名し、「ムエタイ」の技をかけることに。練習でも筋がいいとほめられていたという坂本は、キック、ヒール、エルボーを組み合わせた「ムエタイ」技をミネヒコ麿にあびせた。

そして、ライブのラストに今回のテーマともなっていた「はじまりじゃ!」の掛け声をきっかけに“START”がパフォーマンスされ、新生チームしゃちほこがスタートをきった。

RO69(アールオーロック)