ここから本文です

平日昼間と土休日の「文の里~都島」区間列車、廃止へ 大阪市営地下鉄谷町線ダイヤ改正

2/24(金) 6:30配信

乗りものニュース

大日~八尾南間全線の運転が基本に

 大阪市交通局は2017年2月22日(水)、大阪府守口市の大日駅と八尾市の八尾南駅を結ぶ市営地下鉄谷町線のダイヤを、3月25日(土)に改正すると発表しました。

【画像】平日朝ラッシュ時間帯「繰り上げ」のイメージ

 平日は、利用状況にあわせる形で、2分30秒から3分間隔で運行している朝ラッシュ時間帯が繰り上げられるとともに、混雑時間帯に大日方面の列車が3本、八尾南方面の列車が4本増発されます。

 また、大日~八尾南間の全線を走る列車と、都島~文の里間のみを走る列車が交互に運転されている昼間時間帯は、すべて大日~八尾南間の運転になり、全駅において運転間隔が7分30秒に統一されます。このほか、夕ラッシュ時間帯にも増発や運転区間の延長が実施されます。

 土休日も、1本を除いてすべての列車が大日~八尾南間の運転になります。また、朝時間帯には大日行きが7本、八尾南行きが9本、昼時間帯には両方向とも1時間あたり2本ずつ、夕時間帯には両方向とも6本ずつ、それぞれ増発されます。

 大阪市交通局は今回のダイヤ改正について、「平日の昼間時間帯の全ての列車と、土曜休日の1列車を除く全ての列車を大日行または八尾南行とし、市内中心部と周辺部の移動利便性の向上を図ります」としています。

乗りものニュース編集部