ここから本文です

全24町の山車そろい踏み 4月に祝賀イベント ユネスコ無形文化遺産登録 /香取

2/24(金) 10:19配信

千葉日報オンライン

 千葉県香取市は、千葉県内で初めて国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産に登録された「佐原の山車行事」の記念祝賀イベントを4月29、30日に開催する。市は「地域社会がはぐくんできた伝統文化の結晶を国内外に発信し、国際平和と相互理解の重要性を啓発していきたい」としている。

 江戸時代から300年以上の歴史がある佐原の山車行事は昨年12月、18府県33件の祭りで構成する「山・鉾・屋台行事」として、ユネスコ無形文化遺産に登録された。宇井成一市長は「長きにわたって継承されてきた山車行事が国内はもとより、海外へもその魅力を発信できる大きな機会をいただいた」とコメント。

 初日の29日は特設会場の佐原コミュニティセンター駐車場などで、午後1時30分から2時間ほど、夏と秋祭りに参加する全24町の山車による祝賀式を開催。その後は市街地で山車の引き回しを行う予定。30日も一部町内の山車が引き回しを行うことになっている。

 祝賀式では有料観覧席も設置予定。問い合わせは市生涯学習課、電話0478(50)1224。