ここから本文です

超新星・ユナク、ドラマ「増山超能力師事務所」8話でカタコト演技に挑戦!

2/24(金) 18:25配信

トレンドニュース(GYAO)

韓国出身ダンス&ヴォーカルグループ・超新星のユナクが、日本テレビ系ドラマ「増山超能力師事務所」(毎週木曜23時59分~)第8話に留学生役でゲスト出演し、レアなカタコト演技を披露した。

第8話「パートナーは君じゃなきゃ」無料配信中>>

■実際は日本語堪能だけど......

「増山超能力師事務所」は、『ストロベリーナイト』や『武士道』シリーズなどで知られる人気作家・誉田哲也の同名小説を原作としたドラマ。増山超能力師事務所の、超能力を持った所員たちが、浮気調査や人探しといった探偵業に奔走する。所長・増山圭太郎役でココリコ田中直樹が主演している。

同ドラマの主題歌に起用されているのは、ユナク&ソンジェ from 超新星の楽曲「君じゃなきゃ」。その縁あって、2月23日放送の第8話には、ユナクが韓国からの留学生ユン役としてゲスト出演した。あまり日本語が上手ではない設定だったため、舌足らずな日本語での演技を披露している。

実際のユナクは、通訳なしで日本のバラエティ番組に出演できるほど、日本語が堪能。偶然出会った玲奈(山下リオ)から日本語を習って関係を深めていく役どころを演じたため、「逆に日本語をカタコトで演じるのが難しかった」そうだが、「ロマンチックな雰囲気を仲良く作っていけた」と撮影現場を楽しんだようだ。

■主題歌とシンクロする切ない展開

超新星の主題歌「君じゃなきゃ」は、幸せな出会いが訪れたにも関わらず、別れることになってしまった相手への愛おしい思いをつづったラブソング。主題歌とシンクロするような第8話の切ない展開は、ユナクも「『冬のソナタ』の現代バージョンみたいです(笑)」と語る出来ばえ。ユナクのレアなカタコト口調とともに、ユンと玲奈のロマンスの行方も見逃せない!

(文/谷本美花@HEW)