ここから本文です

“プレミアムフライデー”開始、韓国や台湾への「2.5日旅」が人気

2/24(金) 15:38配信

AbemaTIMES

 プレミアムフライデーという言葉を知っているだろうか。

 毎月最終金曜日、午後3時に仕事を終業し、少し豊かな週末を楽しんでもらうことによって低迷する消費を喚起するもので、1日あたりの経済効果は最大で1236億円にものぼるとされている。“初プレミアムフライデー”は、2月24日。多くの企業やお店がプレミアムフライデーを狙ったお得なプランや商品を発表している。また各地でもさまざまなイベントが準備されている。

 東京駅周辺では、24日限定で「東京エキマチ プレミアムリムジン」を運行。東京駅を中心に、午後4時から午後9時(最終便午後8時)まで運行しており、無料で乗車できるとのことだ。日本橋、丸の内などを豪華リムジンで楽しむことができるこの企画。社内では高級果物店「千疋屋」のイチゴが入ったシャンパンがサービスされるという。

 また港区のスターライズタワーでは「アーチェリーハント」という弓矢を使ったドッジボールのような新感覚スポーツが楽しめるなど、普段はなかなかできないプレミアムなサービスが目白押しだ。

 一方、飲食業界もこのチャンスを見逃してはいない。池袋のサンシャインシティ内にあるバイキングレストラン「BUFFET&GRILL CHEF’s GOODIES」では「プレミアム海老フライデーPARTY」と題し、この日に限り自慢のビッグサイズのエビフライが1000本用意されるとのことだ。通常メニューと同じく、食べ放題だという。

 さらに、インパクト抜群のプレミアムフライデーサービスがあるのは、神奈川県のラゾーナ川崎内にあるピザ店「カリフォルニア・ピザ・キッチン」。「プレミアムピザ挑戦DAY」という名前のこのサービス、通常サイズの二倍もある直径50cmのビッグサイズ・マルゲリータに挑戦することができる。午後4時から午後6時の間に予約をした方のみ挑戦可能で、15分以内で完食した場合は無料(15分以内で完食できなかった場合は5000円)となるという。

 また、博報堂行動デザイン研究所が調べた「プレミアムフライデーの過ごし方」では旅行が1位だった。

【プレミアムフライデー、どのように過ごす?】
・1位 旅行 31.5%
・2位 自宅でのんびり過ごす 30.3%
・3位 食事 8.8%
(博報堂行動デザイン研究所調べ)

 今、金曜の午後に出発し、土日を使った「2.5日旅」が注目されている。東京発の場合、国内だと関東近郊の温泉地である熱海や箱根が特に人気だという。ファミリー層の支持が厚いそうだ。また海外では、日本から数時間で行くことのできる韓国や台湾が人気だという。特に女性グループから支持されているとのことだ。

 また富山県の砺波ロイヤルホテルでは「1泊200円」と謳った驚きのサービスが登場。値段の理由は、連泊の場合のみ金曜からの宿泊費が200円になり、土曜日の宿泊費9800円と合わせて2泊で1万円になるというもの。通常だと2泊で約1万5000円になるところが1万円で堪能でき、約5000円得になるという。露天風呂に入ったり、雄大な自然を眺めたりできるリゾートホテルなだけに、お得感満載のサービスプランと言えるだろう。

 実際にプレミアムフライデーは導入されるのか。街の会社員に聞いた。

 「(会社が)導入しようとはしています。普段会えない友達と飲みに行ったりとか、趣味のフットサルしたりとか。時間を作れたら休めばいいと思うんですけど、絶対休むというよりは推奨みたいな形にして、休める人は休んで仕事が終わらなさそうな場合は続けてもいいよみたいな形で、判断を委ねればいいんじゃないかなと思います」(導入する 広告会社勤務/・20代男性)

 「飲みに行くか……映画観に行くか……。(仕事が)早めに終われるので。絶対金曜日に(休みを)とれって言われて、他の日に休めない人とかいたらそれはそれで大変そうだなとは思います」(導入する 金融会社勤務・20代男性)

「(プレミアムフライデーは)他人ごとだと思っちゃいますね。自分には関係ない」(導入しない サービス業従事・30代男性)

 「今の賃金ベースで休みや給料も減らないのであればもらえるに越したことはないのかなと思います」(導入しない 外郭団体勤務・30代男性)

1/2ページ

最終更新:2/24(金) 15:38
AbemaTIMES