ここから本文です

ハルサーエイカーもPR! 沖縄生まれウコン「琉大ゴールド」を使った野菜カレー

2/24(金) 5:05配信

沖縄タイムス

 精米販売や生搾りウコンの製造・販売を手掛けるしゃりや(宮古島市、下里敏彦代表)は、沖縄県内在来ウコンの約20倍のクルクミンを含む秋ウコン「琉大ゴールド」を原料にした新商品「琉大ゴールドカレー(中辛)」と「健康とお友だちアミーゴカレー(甘口)」を4月に発売する。琉大ゴールドを丸ごと使用して栄養成分を保持した野菜カレーで、小麦粉などの7大アレルゲンや合成添加物、香料、着色料は不使用。価格は調整中で土産品店と通信販売で取り扱う。初年度の年間販売数は24万食を目指す。

 琉大ゴールドは琉球大学農学部のモハメド・アムザド・ホサイン准教授が開発した秋ウコンで、クルクミンの高い含有量と抗酸化作用が特徴。台風に強く、短期間で収穫できる利点もある。琉大のほか宮古と石垣、伊良部島で栽培しており収穫量は約60トン。しゃりやが宮古・石垣島で原材料に加工する。琉球大学病院やリゾートホテルへの琉大ゴールドカレー提供、ドレッシング開発も予定している。

 しゃりやとリッツプロダクション、食のかけはしカンパニー、沖縄テレビ開発の4社は県の「中小企業課題解決プロジェクト推進事業」を活用し、県産野菜の普及に取り組んでいる。琉大ゴールドの商品化はその一環。そのほか、食のかけはしカンパニーが県産かぼちゃを用いたスープを開発してホテルなどに提案するほか、リッツプロダクションはテレビ番組「ハルサーエイカー」第3シリーズで県産野菜を多く取り上げて啓発・普及につなげる。

最終更新:3/26(日) 13:55
沖縄タイムス