ここから本文です

ゲート前、約100台の渋滞 辺野古新基地建設

琉球新報 2/25(土) 11:14配信

 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古への新基地建設で25日午前8時45分ごろ、大型トラックなど6台が米軍キャンプ・シュワブ内に入った。その際、県警が約15分間通行を規制し、ゲート前の国道329号は一般車両約100台を巻き込む渋滞となった。
 トラックが到着すると、交通規制と同時に機動隊がゲート前に座り込む約80人の市民を排除し、午前8時57分に最初のトラックがシュワブ内に入った。


 抗議をしていた泰真実(やすまこと)さん(51)は「トラックが入る10分前から機動隊が排除を始めている。警察は排除理由を『道路交通法』と言っていたが、往来妨害をしていないので、
それは当てはまらない。私たちはゲート前に座っていただけだ」と話す。「いつも、機動隊による交通規制に疑問を持っていたが、今回は特にひどかった。交通渋滞を発生させているのは機動隊だ」と語った。
 一方、海上では移設に反対する市民らが抗議船3隻とカヌー11艇で工事を監視しているが、午前10時35分時点で作業をする様子はない。【琉球新報電子版】

琉球新報社

最終更新:2/25(土) 11:14

琉球新報

Yahoo!ニュースからのお知らせ