ここから本文です

安心安全! グランマが教えてくれたとっておきのお掃除術12

2/25(土) 7:30配信

ELLE ONLINE

おばあちゃんの時代、女性は便利なお掃除道具もなく、今より余程多くの雑務に追われていたはず。それでも彼女たちは、限られた洗剤にたゆまない努力、そしてたくさんの創意工夫で、いつでも家をきちんと整えていたのだから驚く。そこで、おばあちゃんの時代から受け継がれた方法で家の中をきれいに整理整頓された状態にクリーンアップしてみよう。アメリカ流おばあちゃんの知恵袋をUS版『エル・デコ』からお届け。エコロジーなお掃除術は、現代のヘルシーライフ派もぜひ検討を!

【その1】常に整理整頓された状態をキープして

まずは、グランマたちがやっていたように、あなたも常に整理整頓された状態をキープしてみよう。「常に家を整えておくことは、一度にまとめて大掛かりな掃除をするよりずっと効率がいいのです」と、掃除のプロであり『Clear the Clutter, Find Happiness』著者のドナ・サマリン・クーパーは言う。「整理整頓さえ日課にすれば、家をいつも美しく保つことができます。ベッドを整え、毎食後はすぐに食器を片付け、毎日キッチンの床を掃き掃除すること。

【その2】キッチン用ふきんを多めに用意して

ペーパータオルを使い続けるより、キッチン用のふきんを多めに用意すること。「コットン100%の布巾を選べば、コップをきれいに拭くことも、お皿を乾かすときに下に敷くこともできるでしょう?」「それに洗濯も簡単ですぐに乾くわ」と、Cleanmama.netのブロガーで『The Organically Clean Home』の著者でもあるベッキー・ラピンチャックは言う。可愛らしい柄や色、それにヴィンテージ風の刺繍モチーフが入ったふきんは、キッチンに彩りも添えてくれそう。

【その3】DIYウィンドークリーナーの作り方

あなたのおばあちゃんの家にはきっと凝ったデザインの窓もなかっただろうし、窓掃除用のスプレーもなかったはず。でも、そんなものはなくたって大丈夫。先のベッキー・ラピンチャックが窓掃除に便利なクリーナーの作り方を教えてくれた。必要なのは、1カップ半の水、ティースプーン1杯半のビネガー、ティースプーン1杯半のエタノール液、それにペパーミントのエッセンシャルオイル3滴だ。これらを混ぜてスプレーボトルに入れ、窓や鏡に吹きかけたあと、きれいな布で拭くといい。

1/3ページ

最終更新:2/25(土) 7:30
ELLE ONLINE