ここから本文です

スビトリーナがケルバーを倒して決勝進出 [ドバイ/女子テニス]

2/25(土) 12:00配信

THE TENNIS DAILY

 アラブ首長国連邦・ドバイで開催されている「ドバイ・デューティーフリー選手権」(WTAプレミア5/2月19~25日/賞金総額266万6000ドル/ハードコート)のシングルス準決勝で、第7シードのエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)が第1シードのアンジェリック・ケルバー(ドイツ)を6-3 7-6(3)で破り、決勝に進出した。

トップシードのスビトリーナがペン・シューアイを下して今季初優勝 [台湾オープン]

 ケルバーは今大会で優勝すれば世界1位の座を奪い返せるはずだったが、それはケルバー自身にとって二次的な重要性しかもたないことであるようだった。

「そんなことについて考えてはいないわ」とケルバー。「私にとって本当に重要なのは、健康であることよ」。

 ケルバーは膝の故障に悩まされていて、原因についてははっきりわからないとした。

「膝がどうなっているのかはわからない。でも少し痛みを感じるの」と彼女は言った。「でも私はベストを尽くそうと努めた。私はそういう人間なのよ」。

 ここ3対戦連続でケルバーを破っているスビトリーナは、決勝で第10シードのカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)と対戦する。ウォズニアッキはもうひとつの準決勝でアナスタシア・セバストワ(ラトビア)を6-3 6-4で下し、ドーハに続き今季2大会連続となる決勝に進出した。

 スビトリーナはこの日の勝利で連勝記録を11に伸ばした。彼女は今月初めに台湾で優勝し、キャリア5度目のタイトルを獲ったばかりのところだ。

 一方、先週のドーハの決勝で敗れたウォズニアッキは、キャリア26度目のタイトルを狙っている。

「かなりいい数週間だった。ここ2週間をいかに切り抜けてきたかを、すごくうれしく思っているわ。精神的にとても疲れる日々だったから」とウォズニアッキ。「ただ戦いの中に留まり、頑張り続けているということ自体を誇りに思う」。

 前回彼女が2週連続で決勝に進出したのは2014年の全米オープンと東京だったが、そのときの彼女は双方で敗れた。

 2011年のドバイで優勝しているウォズニアッキは今大会でプレーした7年のうち6度のケースで最低でも準決勝に進み、総じて22勝5敗の戦績を誇っている。

「ここでプレーするのが大好きよ」と彼女は言った。「ここでふたたび決勝をプレーできるということに、ただただいい感じを覚えているわ」。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: DUBAI, UNITED ARAB EMIRATES - FEBRUARY 24: Elina Svitolina of Ukraine celebrates winning her semi final match against Angelique Kerber of Germany on day six of the WTA Dubai Duty Free Tennis Championship at the Dubai Tennis Stadium on February 24, 2017 in Dubai, United Arab Emirates. (Photo by Tom Dulat/Getty Images)

最終更新:2/25(土) 12:00
THE TENNIS DAILY