ここから本文です

優勝候補ビジャレアル撃破も、再び強豪と激突するローマ 指揮官「リヨンは厳しい相手だが……」

2/25(土) 19:30配信

theWORLD(ザ・ワールド)

優勝するためには常に良いパフォーマンスが必要

ヨーロッパリーグ(UEL)決勝トーナメント1回戦で優勝候補の一角であったビジャレアルを撃破し、2回戦へコマを進めたローマだが、再び強敵と相見えることとなった。

[UEL]ラウンド16の組み合わせ決定! 内田所属のシャルケはボルシアMGと マンUはロストフと激突

24日にUEL決勝トーナメント2回戦の組み合わせ抽選会が行われ、ローマの対戦相手はフランスの強豪クラブであるオリンピック・リヨンに決まった。これを受けて、ローマの指揮官を務めるルチアーノ・スパレッティ監督はクラブの公式チャンネル『RomaTV』のインタビューで「リヨンは厳しい相手だが、このようなレベルの高い対戦ができることは嬉しいよ」とコメント。

そして「(リーグ戦のインテル戦とナポリ戦、カップ戦のラツィオ戦後の試合のため)時期的にも厳しいけど、我々は能力を発揮し続けなければならない。リヨンは、個々のクオリティが高く、技術的にも上手い。スピードもある強い選手たちがたくさんいるチームだ。特にラカゼットやトリッソはトップレベルの選手だよ。だから、我々は自分たちのプレイをしっかりしなければならない」と意気込みを語っている。

さらに「本当は別のチームと対戦したほうが良いのではないかと思うかもしれないが、優勝するためには常に良いパフォーマンスが必要。対戦相手が我々と同じくらい良いチームでないと、パフォーマンスレベルが下がってしまうんだ。だから、レベルの高いチームと向き合えるのは良いことなんだよ」とも述べた。

はたして、ローマは強敵リヨンを退け、ベスト8へコマを進めることができるのだろうか。3月9日に行われる1stLegはリヨンのホームで、同月16日に行われる2ndLegはローマのホームで行われる予定だ。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合