ここから本文です

ギャラクシー不在も多彩な展示 MWCでサムスン

2/26(日) 15:23配信

聯合ニュース

【バルセロナ聯合ニュース】サムスン電子は26日、スペイン・バルセロナで27日に開幕するモバイル機器見本市「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)」で高級タブレット端末3機種と仮想現実(VR)ヘッドセット「ギアVR」の新製品を展示すると発表した。

 サムスンは当初、昨年に生産・販売を打ち切った「ギャラクシーノート7」以来となる新型ハイエンドスマートフォン「ギャラクシーS8」の公開を予定していたが、発売が延期になったためさまざまな新技術や体験スペースなどで来場者を迎える。

 新型高級タブレット端末は「ギャラクシータブS3」と「ギャラクシーブック」の2種。このうち、ギャラクシーブックはキーボードを備え、ノート型パソコンのように使用できる。

 サムスンはハイエンドスマートフォンに搭載してきた手書き対応のスタイラスペン「Sペン」をタブレット端末にも備える計画だ。

 昨年、VR端末シェアの70%以上を占めた「ギアVR」の新型はユーザーの動作を感知するジャイロセンサーと加速センサーを内蔵したことで、精巧で軽快なVR環境を提供する。サムスンはこのヘッドセットを使用すれば、ひどいめまいなどを起こすことなくVRゲームを楽しめるとしている。

 MWCでは来場者が360度映像を視聴できるVR4D体験ゾーンを設け、系列のベンチャー会社が開発を進めているVRを紹介する。

最終更新:6/2(金) 15:47
聯合ニュース