ここから本文です

ロボット掃除機から食材まで。忙しい人に役立つ「時短商品」とは?

2/26(日) 8:10配信

投信1

共働き世帯の増加にともないニーズが高まる

政府が働き方改革を進めています。今後は多様な働き方が広がるとともに、共働き世帯も増加することになるでしょう。掃除、洗濯、調理などの家事にかけられる時間が取れないと悩む人も増えそうです。

これらのニーズに応えるものとして、時短商品が開発・販売されるようになっています。「時短商品マーケット」が今後、拡大しそうです。いくつか関連企業を紹介しましょう。

「時短商品」にはさまざまなものがありますが、その機能に応じて大きく3つに分けることができると思います。まずは、作業そのものの時間を短縮する商品です。炊飯器の早炊きモードや、洗濯機のスピードコースなどです。

時短商品のもう1つの分類は、「お任せ」です。たとえばロボット掃除機です。作業時間は短縮されません(むしろ長くなることもあります)。ただし、勝手にやらせている間に別の作業ができるので、トータルでは時短になります。

時短商品の3つ目の分類は、使いたいと思ったときにさっと出して使えるもの。最近では、コードレスのスティック掃除機なども人気です。

掃除や調理で「お任せ」型の商品がヒット

「任せてやらせておけば、掃除が楽しく簡単になる」と評判なのがロボット掃除機です。米アイロボット社のルンバが有名ですが、国内勢も参入し競争が激しくなっています。

パナソニック <6752> の「ルーロ」は三角形が特長。日立アプライアンスの「ミニマル」はその名のとおりコンパクトさが売りです。東芝ライフスタイルの「トルネオロボ」は充電ステーションにダストボックスが搭載されており、約1カ月ゴミ捨てが不要だとか。

最近では、ロボット掃除機に加え、自動水拭きロボも登場しています。掃き掃除のロボットと拭き掃除のロボットは別のものですが、今月には、それを両方できるロボットも発売されました。

調理の「お任せ」ができると注目されているのが、最新のオーブンレンジです。お任せ調理に早くから取り組んできたのが、シャープ <6753> です。

同社は過熱水蒸気を用いた調理ができる家庭用オーブンレンジ「ヘルシオ」を、2004年に業界で初めて発売しました。冷蔵、冷凍、常温の材料を同時に、しかも、レシピと違う材料でも、適当な分量でも、皿に載せてスタートボタンを押すだけで調理ができます。

シャープのヘルシオシリーズには、無水調理ができる電気鍋「ヘルシオホットクック」もあります。野菜など食材に含まれる水分を活用して調理するため、食材の栄養素が残るとされます。材料を切って調味料と一緒に入れるだけで、かきまぜや火加減も任せておけばいいので便利です。

1/2ページ

最終更新:3/14(火) 17:10
投信1

チャート

パナソニック6752
1457.5円、前日比-7円 - 8/22(火) 14:48

チャート

シャープ6753
368円、前日比+12円 - 8/22(火) 14:47

チャート

ライオン4912
2117円、前日比+25円 - 8/22(火) 14:48