ここから本文です

【バレー】V・プレミアリーグ女子 混戦の中、NECがJTに3-1で勝ち、3位以内確定。日立はトヨタ車体に勝ち、2連勝

2/26(日) 18:03配信

バレーボールマガジン

 V・プレミアリーグ女子は、26日、ファイナル6(プレーオフ)の5日目の2試合が大田区総合体育館で行われた。

 第1試合はレギュラーラウンド1位のNECと同4位のJTの対戦。前日に久光製薬(レギュラーラウンド2位)に勝ち、勢いに乗るかと思われたJTだが、NECの堅いディフェンスに思うような攻撃をしかけられず、NECが3-1で勝利した。この結果、NECは勝ち点11となり、3位以内が確定した。VOM賞を獲得したNECの近江あかり選手は、来週の久光製薬戦に向けて、「オフェンス力の高いチームなので、自分たちもどこからでも攻撃できるように。それにプラスして、今日の試合のように粘ってラリーを制して、1点ずつとりにいきたい」と意気込みを語った。
 
 続く第2試合は、日立(レギュラーラウンド3位)とトヨタ車体(同5位)の対戦。前日、ファイナル6初勝利を挙げた日立は、渡邊、内瀬戸らがよく機能し、途中出場の間橋の活躍などもあり、3-1で勝利し、2連勝となった。

 ファイナル6は、来週が最終週となる。上位3チームのうち2位と3位のチームが3月11、12日に行われるファイナル3を戦い、その勝者と1位のチームが3月17、18日の両日にファイナルで対戦し、優勝チームが決定する。

順位 ポイント 残り試合数
1位 NEC 11p 残2
2位 久光製薬 10p 残1
3位 日立 9p 残1
4位 トヨタ車体 8p 残1
5位 JT 6p 残1
6位 東レ 4p 残2