ここから本文です

ツォンガがキリオスを倒して決勝へ [マルセイユ/男子テニス]

2/26(日) 13:30配信

THE TENNIS DAILY

 フランス・マルセイユで開催されている「オープン13 マルセイユ」(ATP250/2月20~26日/賞金総額62万0660ユーロ/室内ハードコート)のシングルス準決勝で、第2シードのジョー ウィルフリード・ツォンガ(フランス)が前年度覇者で第3シードのニック・キリオス(オーストラリア)を7-6(5) 2-6 6-4で倒し、決勝でのフランス人対決を確実なものにした。

 ふたりの間の初対戦は、非常に熱戦となった。ツォンガはキリオスから16本のサービスエースを浴びせられ、5つのブレークポイントをしのいで第3セットの出だしにブレークされたが、最終的に2時間を超える戦いの末に勝利をつかんだ。

 キリオスはこの試合で2度サービスをブレークされた。彼がサービスゲームを落としたのは、今週初めてのことだった。

ツォンガがゴファンをフルセットで倒し、ツアー13勝目 [ABN AMRO ワールド・テニス]

 先週にロッテルダムでキャリア13度目のタイトルを獲り、いい波に乗っているツォンガは、2009年と2013年に続く3度目のマルセイユ優勝を目指している。

「この大会で自分が正しい方向に進んでいる、という感触をつかんでいる」とツォンガ。「最後までこの調子でいけるよう願うよ。それが成し遂げるためにもっとも難しい部分なんだ」。

 彼は決勝で23歳のルカ・プイユ(フランス)と対戦する。プイユはフランス人対決となった準決勝でリシャール・ガスケ(フランス)を7-5 6-3で下した。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: MARSEILLE, FRANCE - FEBRUARY 25: Jo-Wilfried Tsonga of France greets Nick Kyrgios of Australia after winning their semi-final at the Open 13, an ATP 250 tennis tournament at Palais des Sports on February 25, 2017 in Marseille, France. (Photo by Jean Catuffe/Getty Images)

最終更新:2/26(日) 13:30
THE TENNIS DAILY