ここから本文です

マリノス、新加入ストライカーが衝撃的! 1998年以来初の得点記録を樹立 指揮官も信頼

2/26(日) 15:10配信

theWORLD(ザ・ワールド)

欧州での実績も充分

欧州での実績も充分

25日、明治安田生命J1リーグ第1節が行われ、横浜F・マリノスは浦和レッズに3-2で勝利を収めた。今季、セルビアの名門レッドスター・ベオグラードから加入したポルトガル人FWウーゴ・ヴィエイラは、71分に途中出場するとその後、86分にCKから貴重な同点弾を奪取。開幕戦から結果を残し、マリノスの勝利に貢献した。

[動画]必見! ウーゴ・ヴィエイラのJ初ゴール

指揮官のエリク・モンバエルツも試合後「途中から入ったメンバーも、先発から出られるだけの力を持っている。ウーゴ・ヴィエイラも違いを生み出せるクオリティーを持っているということは分かっていた」と語り、信頼を寄せる。Jリーグの公式サイトが伝えた。

『OptaJiro』によると、ポルトガル出身の選手がJ1で得点を決めたのは、1998年以来初だという。ウーゴ・ヴィエイラ以前にJリーグで得点していたポルトガル人選手は、横浜フリューゲルスに所属していたパウロ・フットレ氏。フットレ氏はアトレティコ・マドリード、ベンフィカ、ミランで活躍、その後フリューゲルスでは13試合に出場し3得点を記録していた。

レッズ戦ではベンチスタートとなったウーゴ・ヴィエイラだが、1998年以来となる得点記録を塗り替え、今後の活躍にも注目が集まる。

http://www.theworldmagazine.jp

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合