ここから本文です

全世界がダマされた! 架空の作家事件『作家、本当のJ.T.リロイ』予告解禁

2/26(日) 18:00配信

クランクイン!

 1996年に突如文壇に現れた謎の天才美少年、J.T.リロイにまつわる“架空作家”事件を追った映画『作家、本当のJ.T.リロイ』の予告編が公開された。

【関連】X JAPANのドキュメンタリー『WE ARE X』完成披露ジャパンプレミア<フォトギャラリー>


 本作は、世界を驚かせた架空作家事件の裏に隠された真実を掘り起こすドキュメンタリー。J.T.リロイとは、女装の男娼となった過去を綴った自伝『サラ、神に背いた少年』で時代の寵児となった謎の天才美少年作家のこと。その才能に惚れ込み、映画監督のガス・ヴァン・サントは『エレファント』の脚本を依頼。二作目の著書『サラ、いつわりの祈り』はアーシア・アルジェントによって2004年に映画化もされた。しかし、2006年、ニューヨーク・タイムスによって、天才少年J.T.リロイという人物は実在しないことが暴露される。その正体はサンフランシスコ在住の40歳女性、ローラ・アルバートだったのだ。

 本作では、世界中を驚かせたこの事件を彼女自身の言葉と、記録されたガス・ヴァン・サントやトム・ウェイツ、コートニー・ラブ、ビリー・コーガンらとの通信音声や留守電メッセージによって解剖していく。

 予告編では、J.T.リロイが“時代の寵児”としてもてはやされていく姿、そして騒動の様子が描かれる。さらに、ローラ本人が「多重人格のように私の中に色々な私がいる」「私は皆が期待するクールなJ.T.とは程遠かった。この私では誰も認めてくれない」とその胸の内を語る様子も映されている。

 本作で語られる、一見、風変わりなこの事件の奥にある“さらなる真実”。それは、多くの人の中に存在する“アバター”に気づかせてくれることだろう。

 映画『作家、本当のJ.Tリロイ』は、4月8日より公開。

最終更新:2/26(日) 18:00
クランクイン!