ここから本文です

永島勝司 ゴマシオ編集長のつぶやき 五十四言目『酒場トークをやりながら企画をひねくり出した』

2/27(月) 23:01配信 有料

バトル・ニュース

最近あの「大社長」高木三四郎があまり表に出て来ていない印象を受けるが、あるいは俺の勉強不足のせいかもしれないが、少し淋しく思っているんだ。現在のプロレス界にとって三四郎の企画力は抜群だと認識している俺にとって物足りなさを感じるんだ。もちろん彼のことだ、色んな仕掛けをやっているとは思うけどね。

 プロレス界がノアの身売り以来、なにやら不気味な沈黙を保っているように思えるのは俺だけかな。大相撲が稀勢の里の横綱昇進で沸き返り人気もうなぎ昇りで春場所のチケットもすでに完売だというだけに、プロレス界にも何かの刺激が欲しいところだ。ドロ臭いスキャンダルもそうだが、業界がパッと明るくなるようなヤツが一発ね。本文:2,166文字 この記事の続きをお読みいただくには、バトル・ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    515円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    432円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)