ここから本文です

酒気帯びで正面衝突、けが負わす 容疑で逮捕 /市川

2/27(月) 10:50配信

千葉日報オンライン

 千葉県警市川署は26日、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで自称川崎市多摩区登戸、介護士、奥村武蔵容疑者(25)を逮捕した。

 逮捕容疑は同日午前3時20分ごろ、市川市大野町3の県道で、酒気帯び状態でワゴン車を運転して対向車線にはみ出し、会社員男性(21)=鎌ケ谷市=のワゴン車に正面衝突、男性の左肩などに軽傷を負わせた疑い。

 同署によると、奥村容疑者は容疑を認めている。現場は片側1車線の左カーブ。