ここから本文です

舞台『弱虫ペダル』、初の無料配信! 白熱レースを表現するパズルライドシステムとは?

2/27(月) 19:51配信

トレンドニュース(GYAO)

昨年3月に上演された「舞台『弱虫ペダル』~総北新世代、始動~」が、2月27日より1週間限定で映像配信サービス「GYAO!」内の特設ページ「ニゴステ(2.5次元ステージ)」にて無料配信される。舞台『弱虫ペダル』シリーズが無料配信されるのは今回が初めて。

1週間限定で無料配信= 昨年3月上演舞台「舞台『弱虫ペダル』~総北新世代、始動~」

■ロードレースのシーンは、実際の自転車を使用せず、ハンドル部分のみを使って表現

原作漫画『弱虫ペダル』は、ロードレースという自転車競技を題材にした渡辺航の作品で、『週刊少年チャンピオン』にて連載中。コミックス累計1,600万部を突破し、これまでに舞台だけでなくテレビアニメや劇場版アニメ、テレビドラマ化もされてきた大人気作品。過去の舞台では、チケット即完売、当日券に長蛇の列ができたこともあるほどだ。

舞台の見どころのひとつが、演出家の西田シャトナーが独自に生み出した表現技法“パズルライドシステム“。作品の肝となるロードレースのシーンは、実際の自転車を使用せず、ハンドル部分のみを使って表現される。役者たちにはパントマイムに近い表現スキルが求められるが、圧巻の身体パフォーマンスにより、白熱のレースを見事に表現している。

■過去公演「舞台『弱虫ペダル』~総北新世代、始動~」を1週間限定で無料配信

今回の無料配信は、3月12日に上演される“舞台『弱虫ペダル』新インターハイ篇~スタートライン~“大千秋楽の独占生配信(有料)が決定したことを記念したもの。また、「ニゴステ」では、主要キャストである醍醐虎汰朗(だいごこたろう)(小野田坂道役)、和田雅成(今泉俊輔役)、百瀬朔(鳴子章吉役)3名の座談会映像や演出・脚本の西田シャトナーのインタビュー映像を独占配信中。

■現在、公演中「舞台『弱虫ぺダル』新インターハイ篇~スタートライン~」

公演期間:
大阪 2017年2月25日(土)~2月26日(日) オリックス劇場
東京 2017年3月4日(土)~3月12日(日)TOKYO DOME CITY HALL

キャスト:
醍醐虎汰朗 和田雅成 百瀬朔 鯨井康介 八島諒 江口祐貴 田川大樹 植田慎一郎/河原田巧也 東啓介 秋元龍太朗 谷水力 兼崎健太郎 飯山裕太/林野健志 天羽尚吾 他


(文/竹内琴子@HEW)

「舞台『弱虫ペダル』~総北新世代、始動~」
(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)2008 /「弱虫ペダル」GR製作委員会2014
(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/マーベラス、東宝、セガ・ライブクリエイション


「舞台『弱虫ペダル』新インターハイ篇~スタートライン~」
(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル03製作委員会
(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/マーベラス、東宝、トムス・エンタテインメント