ここから本文です

まさに神出鬼没! アトレティコ戦で決勝ゴール決めたメッシにスペイン紙「バルセロナを救うゴール」

2/27(月) 17:12配信

theWORLD(ザ・ワールド)

最も危険な男を見失ったアトレティコ

リーガ・エスパニョーラ第24節が26日に行われ、バルセロナはアトレティコ・マドリードと対戦し2-1で勝利を収めた。バルセロナは、セットプレイから同点に追いつかれる苦しい展開となるも、大黒柱のリオネル・メッシが終盤に試合を決定づけるゴールを決め、スペインメディアに「メッシはメッシだった」と称賛された。

[動画]アトレティコDFがメッシを見失った!? バルセロナの決勝弾

メッシのゴールが生まれたのは86分。バルセロナはピッチ中央付近でFKを得るとメッシがゴール前に蹴り込んだ。ボールは上手くつながり、FWルイス・スアレスがボックス内の深い位置から折り返しのクロスを送りこむと、すかさず前線に走ってきたメッシがシュートを放つ。一度はDFステファン・サヴィッチの身体に当たり弾かれるも、素早く反応しこぼれ球を自ら押し込んだ。アトレティコの守備陣は見失ってはいけない人物を掴み損ねた。

スペイン『as』(電子版)はこのゴールを動画で紹介し、「メッシはメッシだった。カルデロンでのバルセロナを救うゴール。アルゼンチン代表のストライカーは、最後にゴールを決めルイス・エンリケのチームを勝利に導いた。さすがクラッキ。彼は幸運に恵まれた」と紹介した。メッシはリーグ戦21試合で20得点を記録。そしてこのゴールを決めた結果、欧州のトップリーグで最も多くの得点を挙げた選手に与えられるヨーロッパ・ゴールデンシューのランキングでトップに浮上した。

http://www.theworldmagazine.jp

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合