ここから本文です

京都・叡電で「日本酒電車」、4月1日に運行

2/27(月) 16:00配信

Lmaga.jp

京都の「叡山電車」(本社:京都市左京区)が4月1日、車内で京都の日本酒と特製おつまみ弁当が楽しめる貸切電車『えいでん日本酒電車』を運行。蔵元の異なる2部制(第1部「英勲号」、第2部「富翁号」)が運行され、各回56人で開催される。

3年連続3回目の運行となる、この『えいでん日本酒電車』。京都伏見の老舗蔵元である「齊藤酒造」の日本酒が味わえる「英勲号」と、北川本家の日本酒が味わえる「富翁号」の2部構成で運行。車内では、蔵元による解説を聞きながらこだわりの銘酒数種を堪能、「京都タワーホテル」が沿線の特産品でしつらえた日本酒に合う「きらら弁当」とともに約2時間の小旅行を楽しめる。

参加費はひとり5千円。「叡山電鉄」公式サイトから3月11日予約受付(クレジット決済のみ)で、先着順で満席になり次第、受付終了。

最終更新:2/27(月) 18:56
Lmaga.jp