ここから本文です

突起のないノーズを採用。トロロッソF1が新車『STR12』を発表

オートスポーツweb 2/27(月) 2:07配信

 トロロッソが26日、2017年シーズンに投入するニューマシン『STR12』を発表した。

【画像】姉妹チーム、レッドブルのニューマシン『RB13』

 テクニカルディレクターを務めるジェームス・キー主導のもとデザインされたニューマシンには、これまでとは全く異なるカラーリングが施されており、17年のトレンドであるシャークフィンが装着されている。

 また、メルセデスのマシンと同様、突起のないフロントノーズを採用していることも確認できる。

 16年はフェラーリの旧型パワーユニットで戦い、パワーが必要とされるサーキットで苦戦する場面もあったトロロッソだが、17年はふたたびルノーの現行型パワーユニットを使用することとなった。

 しかし、23日にイタリアのミサノ・サーキットでシェイクダウンを行った際、新たに搭載したルノーのパワーユニットにトラブルが発生し、わずか6周でマシンがストップしたと報道されており、ルノーは現在、再発を避けるべくトラブル原因の分析を行っている。

 STR12のステアリングを握るのは、チーム在籍3年目となるカルロス・サインツJr.と、16年にマックス・フェルスタッペンとトレードされるかたちでレッドブルから移籍したダニール・クビアトのふたり。

 トロロッソの発表により、全てのチームが17年型マシンの発表を済ませた。第一回目の合同テストは27日より4日間、スペインのカタロニア・サーキットで行われる。







[オートスポーツweb ]

最終更新:2/27(月) 3:19

オートスポーツweb

Yahoo!ニュースからのお知らせ