ここから本文です

浦和、ACL連勝目指しFCソウルと激突…多数の韓国代表戦士に警戒

SOCCER KING 2/27(月) 19:32配信

 浦和レッズは28日、AFCチャンピオンズリーグ2017グループステージ(GS)第2節でFCソウルと対戦する。決戦を前に、日本サッカー協会(JFA)が同クラブを紹介した。

 21日のGS初戦で、ウェスタン・シドニー・ワンダラーズに大勝を収めた浦和。第2節では、初戦でブラジル代表FWフッキの一発に沈んだFCソウルをホームに迎える。

 JFAによると、FCソウルはACLに出場した過去7回すべてで決勝トーナメント進出を果たしている。昨年はラウンド16で浦和と激突し、2戦合計3-3。PK戦の末に準々決勝へ駒を進めた。

 昨年6月からファン・ソンホン氏が指揮を執るFCソウル。昨年の浦和との対戦後に加わった韓国代表DFカク・テヒが主将を務めるほか、同FWパク・チュヨン、同FWユン・イルロクなど多数の韓国代表選手を抱える。また、スペイン人MFオスマール・バルバ、ブラジル人FWマウリーニョといった外国籍選手も在籍しており、警戒が必要だ。

 浦和は同試合を、2017明治安田生命J1リーグ第1節から中2日で迎える。一方のFCソウルは、Kリーグ開幕前ということで、上海上港(中国)戦から1週間の準備期間があった。浦和戦には初勝利を求め、万全の状態で乗り込んで来ると予想されている。

 今月12日のさいたまシティカップ2017では、MF長澤和輝の得点でドローに持ち込んだ浦和。28日の戦いでは、昨年の雪辱に期待が寄せられる。

SOCCER KING

最終更新:2/27(月) 19:32

SOCCER KING

Yahoo!ニュースからのお知らせ