ここから本文です

<速報>侍J投壊完敗にも小久保監督は「試したので結果は気にしていない」

2/28(火) 23:30配信

THE PAGE

 WBCを目前に控える侍ジャパンと台湾リーグ選抜の壮行試合が28日、ヤフオクドームで行われ、日本は17安打8失点と投手陣が崩れて5-8で完敗した。
 
 特に先発&抑えのフル回転が期待されている先発の則本(楽天)が、台湾リーグのラミゴで台湾史上最高打率となる.414&29本を打ってMVPと新人王を獲得した王柏融にバックスクリーンへの特大逆転2ランを許すなど、3回を6安打3失点。2番手の牧田(西武)も6安打4失点、3番手の増井もコントロールを乱して連続四球で失点するなど、先発、第2先発の調整不足を露呈してしまった。

 また打線も9回に中田(日ハム)に、やっとヒットが出たが、山田(ヤクルト)、坂本(巨人)の調子が上がってこないという不安を残した。
 それでも、試合後、小久保監督に動揺や焦りはなかった。

ーー試合の手ごたえは?

「初回の平田の守備(二死一、三塁からライナーを好捕して併殺に)であったり、8回の中継プレー(平田ー坂本の中継で三塁封殺)。ああいうところの守備が大事になってきます。あと、打線では菊池の状態がいいなと(二塁打2本に三塁打で2打点)。最後、中田にも1本出ましたしね(中越えの二塁打)。実戦形式でヒットが出ていなかったので、彼もこれでほっとしたのではないですかね」

ーー先発の則本は、どう映った?

「則本の調子、云々もそうなんですけど、台湾のバッターが非常に振れているなあという印象。特に3番の王選手は、4割バッターはダテじゃないなあという感じでしたしね。牧田にしろ、則本にしろ、今日は結構、試すところがあったので、あまり結果は気にしていません」

ーー坂本選手がまだ本調子ではないのかなと。

「7日(キューバとの開幕戦)に向けて、昨年の首位打者ですからね。信じて待ちます」

ーー実戦2試合を終え、あと1週間。

「後3試合があるので、何度も言いますが、主力のレギュラーの状態が上がってくるのを信じて待つしかありません。怪我人を含めて、これ以上人数が減らないように、そこだけをやっていきたいです」

ーー明日は、その振れている台湾選抜ともう1試合です。勝ち負けも含めて、どういう狙いで?

「明日は基本的には菅野が長いイニングを投げます」

ーー大事な一戦ですね。

「7日にいい状態に持っていくためには、無駄な試合はないですね」
   

最終更新:2/28(火) 23:51
THE PAGE