ここから本文です

小金井ストーカー事件、岩埼被告人に懲役14年6月「危険かつ悪質」「殺意は非常に強固」

弁護士ドットコム 2/28(火) 14:51配信

東京都小金井市で2016年5月、音楽活動をしていた女子大生・冨田真由さんがファンの男に刺され、一時意識不明になった事件の裁判員裁判の判決が2月28日、東京地裁立川支部であった。

阿部浩巳裁判長は、殺人未遂と銃刀法違反の罪に問われた岩埼友宏被告人に対し、懲役14年6月(求刑懲役17年)を言い渡した。被害者参加制度を利用した冨田さん側は、無期懲役を望んでいた。

阿部裁判長は、岩埼被告人の犯行について、冨田さんが出血性ショックで亡くなっていても不思議はなかったとして、「危険かつ悪質」「殺意は非常に強固」と批判。量刑は殺人未遂の中で「もっとも重い部類」が相当とした。

一方で、岩埼被告人の内省が深まっているとは言い難いものの、「一応は謝罪の言葉がある」ことや、初犯であることなどから、懲役14年6月とした。

岩埼被告人は、冨田さんに一方的に好意を寄せていたが、プレゼントを返送されたことなどを恨み、昨年5月21日、小金井市のライブハウス近くの路上で、ナイフを使って冨田さんの首や胸など34カ所を刺した。

冨田さんは奇跡的に回復したものの、顔に傷が残り、口元にもまひがあるという。裁判の意見陳述では「傷のない元の身体を返して」「今度こそ私を殺しに来るかもしれない」などと述べ、厳罰を求めていた。

●岩埼被告人の最終陳述

この日の裁判では、判決の前に、岩埼被告人の最終陳述があった。

前回期日では、岩埼被告人が冨田さんの意見陳述中、「じゃあ殺せよ」など叫んだことから退廷を命じられており、陳述の機会がなかったからだ。

黒っぽいスーツに、濃い青色のネクタイをした岩埼被告人は、証言台の前に立つと、左手のメモをハキハキと読み上げた。要旨は以下の通り。

●何を語ったのか?

この度は、冨田真由さんやそのご家族らにご迷惑をおかけして、申し訳ありませんでした。刑務所で償います。

前回の期日では大声を出して、冨田さんに怖い思いをさせてしまいました。心から反省しています。

二度と冨田さんに近づかない、二度と冨田さんにかかわらないことをこの法廷で誓います。

刑務所では忍耐力をつけ、真っ当な人間になりたい。罰をまっとうしていきます。

ただし、起訴事実のうち、事実と異なる部分があります。殺意と殺害の目的でナイフを持っていたことは否定します。

弁護士ドットコムニュース編集部

最終更新:3/1(水) 9:52

弁護士ドットコム

Yahoo!ニュースからのお知らせ