ここから本文です

サプライズではない! チェルシーの“クローザー役”も劇的ボレー決めたガッビアディーニを称賛

2/28(火) 0:10配信

theWORLD(ザ・ワールド)

EFL杯決勝でマンUを追い詰めたサウサンプトン

イングランド・EFL杯決勝が26日に行われ、サウサンプトンはマンチェスター・ユナイテッドに惜しくも2-3で敗れた。この試合では冬の移籍市場でナポリから加入したFWマノロ・ガッビアディーニが、2得点を決めて2点をリードしていたマンチェスター・ユナイテッドを追い込んだ。

[動画]必見! ガッビアディーニの劇的 反転ボレー

特に同点弾の場面では、MFスティーヴン・デイビスがヘディングでゴール前に送り込んだ浮き玉のボールを、反転しながらダイレクトでボレーシュートに持ち込んだ。ユナイテッドGKダビド・デ・ヘアは一歩も反応できず、ボールはゴール右隅に突き刺さった。素晴らしい反転ボレーだったが、このゴールを祝ったのはサウサンプトンの選手だけではなかった。

チェルシーの22歳MFナサニエル・チャロバーは自身のTwitterを更新し、「マノロの左足はドンピシャだった。彼のフィニッシュは決してサプライズではない」とコメントし称賛した。現在チェルシーでは、アントニオ・コンテ監督から試合を締める“クローザー役”を任されるチャロバーだが、2015-2016シーズンはナポリにローン移籍しており、ガッビアディーニの才能を間近で見ていた。ガッビアディーニはリーグ戦でも2試合3得点を好調を維持し、新天地での活躍をチェルシーの逸材も喜んだ。

http://www.theworldmagazine.jp