ここから本文です

驚くほど肉汁が溢れる! 高尾の「ハンバーグステーキハウス」

2/28(火) 11:30配信

TOKYO FM+

東京に住む人たちの声を聴きながら、パーソナリティの堀内貴之が今を切り取るテーマをリスナーと共に考えていくラジオプログラム、TOKYO FM「シンクロのシティ」。番組内のコーナー「東京地元めし」では「東京にある隠れた名店」をご紹介しています。といっても単なる名店ではありません。ここでご紹介するのはリスナーのみなさんが推薦してくれた「自分が通っているイチオシのお店」。レポーターの安竜うららが味わいのある名店に伺い、美味しいだけじゃない人気の秘密を探ります。

今回伺ったのは、高尾にある「ハンバーグステーキハウス 彩」。高尾線・狭間駅から徒歩15分ほどの場所にあります。

リスナーの方からこんな推薦メッセージを頂きました。
「10年前に住んでいて給料が入るとよく行っていたハンバーグ屋さん。カウンター席に座ると焼いているところが目の前で見られ、空腹時には食欲をそそります! ステーキソースが5種類から選べるお店です。最近は職場も変わり住んでいる所も変わったので行けていないのですが、絶対にまた行きたいお店です」(ラジオネーム:鍼灸師KUMAさん)

自然豊かな高尾で営む、ハンバーグステーキ屋さん。季節によって色を変えるであろう銀杏並木の近くに「彩」はあります。店内は広く、カントリー調の落ち着いたインテリア。このお店が出来て丸15年、16年目に入ったそうです。都心より少し冷たく澄んだ空気の中で食べるハンバーグ……どんな味だったのでしょうか。

こちらがオーナーの渡辺かずおさんです。生まれも育ちも高尾という渡辺さん。もともと酒屋さんをお父様が経営されていて、そのお店を変化させて出来たのが現在のハンバーグステーキ屋さんなんだそうです。普段は奥様と2人でお店に立っていらっしゃいます。注文すると渡辺さんが目の前でハンバーグを作ってくれるのですが、肉を叩く姿も焼く姿も、とてもかっこいい!

そんなオーナーの渡辺かずおさんに、安竜うららがお話を伺いました。

うらら:最近は高尾も自然のスポットとして賑わってきていると思うんですけど、変化って感じますか?

渡辺:山は賑わっているけど麓のほうはあんまり関係ないかな~。電車降りて、山登って帰っちゃうから。

うらら:そうなんですね。街も散策して欲しいですね。ハンバーグ食べさせていただいたんですけど、本当に美味しかったです! 高さのあるステーキで、ソースが色々選べるんです。私はジンジャーソースにしました。お箸で肉を割ったら、中から肉汁がブワーッと溢れてきて。ちょっと、本当にビックリするくらい出てくるんです、肉汁(笑)。

渡辺:ありがとうございます。一応、そこがウリなんです(笑)。

1/2ページ

最終更新:2/28(火) 11:30
TOKYO FM+