ここから本文です

逆上がりを教えたら不審者? 善意か悪意か 住民は困惑

2/28(火) 12:07配信

BuzzFeed Japan

逆上がりを教えたら不審者? 2月17日、警視庁のホームページ上の管内不審者情報のページに、以下の情報が掲載された。【BuzzFeed Japan / 播磨谷拓巳】

【写真】衰弱した子どもたちは助けを求めている

**
世田谷警察署

2月16日(木曜)、午後4時00分ころ、世田谷区経堂5丁目の公園内で、児童(男)が遊んでいたところ、男に声をかけられました。

声かけ等の内容

・タバコを吸っていた
・児童に鉄棒の逆上がりを教えていた

不審者の特徴:年齢35歳から40歳、痩せ型、鼻の下ひげ、身長170センチメートル、黒縁めがね、黒色ニット帽、黒っぽい服装上下、自転車乗車
**

警視庁は不審者情報があった場合、このページに掲載するほか、登録している住民に「メールけいしちょう」として配信している。

防犯パトロールなどに活用し、子どもを犯罪から守ることが目的だ。

今回の件では声かけなどの内容として、「タバコを吸っていた」「児童に逆上がりを教えていた」の2点を挙げている。

住民は疑問の声

このメールを受け取り、疑問に思ったのは世田谷区在住の会社員(44)。小学3年生の娘と年中の息子を持つ母だ。BuzzFeed Newsの取材に話す。

「私たちの世代は普通に、親や親戚以外の大人たちとも接しながら成長してきました。『知らない人にはついていっちゃダメ』とは言われてきましたが、こんなにガードを固くしなきゃいけないんでしょうか?都会って大変ですね」

「不審者の特徴といっても、普通の男性じゃないですか。けれど、文面は変質者のようなイメージを与えます。タバコを吸っていたなんて、必要な情報ですかね? その子が鉄棒を教えてもらう以外で、何か変なことをされていたとしたら別ですけど」

不審者の判断基準は?

どのように判断され、不審者情報として扱われるのか。

「不審者情報として配信する情報については、不審点の有・無のみで判断しているわけではなく、通報を受けた警察署において、発生場所、時間、具体的な言動の状況を総合的に判断し、配信の必要性を見込めた場合に配信しています」

また、掲載の判断基準は次のように説明した。

「ホームページ上の不審者情報は各種通報を受けた各警察署が『子どもに対する声かけ事案』『子どもに対する暴行事案』について『メールけいしちょう』で情報を配信すべきと判断して配信したものが掲載されています」

1/2ページ

最終更新:2/28(火) 14:01
BuzzFeed Japan