ここから本文です

東京・調布市の殺人事件 金の無心を断られ殺害か

TOKYO MX 2/28(火) 21:03配信

TOKYO MX

 東京・調布市のアパートで住人の男性が殺害された事件で、警視庁は27日、男性の孫の男を逮捕しました。金をせびって断られたため、殺害したとみられています。

 警視庁によりますと、調布市緑ケ丘の建築作業員・山本裕也容疑者(23)は、15日の深夜、調布市国領町にあるアパートの一室で祖父の一夫さん(89)の頭や顔をはさみで突き刺して殺害し、現金2万3000円余りを奪った疑いが持たれています。

 調べに対し、山本容疑者は「どうでもいい」などと供述し、容疑を否認しているということです。

 山本容疑者は以前から金をせびるために一夫さんを訪ねていましたが、15日は断られたため、一夫さんを殺害して現金を奪ったとみられます。

 また、山本容疑者は17日に自分の給料9万円を銀行から下ろしていましたが、翌日にはパチンコで全て使い、逮捕された時の所持金は15円だったということです。

最終更新:2/28(火) 21:03

TOKYO MX

Yahoo!ニュースからのお知らせ