ここから本文です

“バーガー・バカ”が教える「いま食べるべきハンバーガー」はコレ!

2/28(火) 18:00配信

TOKYO FM+

東京の声とシンクロするTOKYO FMの番組「シンクロのシティ」。ボイス収集隊が東京の街に繰り出し、様々な人々に声をかけ、1つのテーマについてその人の意見や思いを聞き出します。その声を聴き、リスナーと共に考えるのはパーソナリティの堀内貴之。2月23日のテーマは「集まれ! バーガー・バカ」でした。
数年前から都心で展開されている「高級バーガー」「グルメバーガー」ショップ。ファストフードのイメージとは全く違う、じっくりと手間をかけたハンバーガーです。もちろん値段も普通のハンバーガーよりぐっとお高いのですが、その味は値段に見合ったホンモノの味。海外から上陸するものもあれば、クラフト的に東京の街で生まれるものも。
今回はハンバーガー愛好家たちに、おススメのグルメバーガーについて聞いてみました!

“バーガー・バカ”が教える「いま食べるべきハンバーガー」はコレ!

◆明治神宮前でキャッチした20歳の男性2人組
(バーガー・バカですか?)
「バーガー・バカです! 『AS CLASSICS DINER』って駒沢のお店がおススメです! なんかデカくてすべて完璧なんですよ! 硬さとか、口の中で染み渡るハンバーガーたちが(笑)。肉が歯をはね返す感じがメチャメチャ美味い!! 頼むのはいつもダブルチーズバーガー。金が無い時はチーズバーガーでコーラは付けない(笑)。駒沢に住んでいた時は週に2~3回は行ってました。混んでますね~。外にテラス席もあって有名店ですけどミーハーな人は少ない感じです。他にもけっこう『GOLDEN BROWN』とか『THE GREAT BURGER』とか行ってます。ハンバーガー好き過ぎて待ち受けがハンバーガーです! レベル高いです(笑)」
(あの高さがある系を上手く食べるコツは?)
「本能のままにカブりついてます! もうパンパンで家に帰って寝るだけです!!」
(バーガー・バカって言われても良さそうですね!)
「光栄です! 褒め言葉です!」
(バーガーの好きなトコって?)
「ジューシーさと腹いっぱいになる所と上品さが無い所(笑)」
「芸術性!!」
 
◆芝公園でキャッチした52歳の女性
「MUNCH'S BURGER SHACK」から出てきた女性 3 人組
「私は2年間くらいアメリカに居たので、好きです。全然違いますよ。日本のハンバーガーって基本的にマックだったりとか、ファストフードって感じじゃないですか。ここはお肉もジューシーだし、ステーキじゃない?って感じるくらい美味しいです。お肉だよね、ここは。ミンチっていうよりも固まりを刻んだって感じなので。私は本場を知ってるので、それに近いものを求めます。今日はテイクアウトなんです。チェダーチーズとベーコンエッグです。
(ハンバーガーの1番の魅力は?)
ガブっとかぶりつける! あの醍醐味ってすごいと思います」

そんなバーガー愛好家に絶賛される「MUNCH'S BURGER SHACK」のオーナーさんにもお話を伺いました。

◆「MUNCH'S BURGER SHACK」のオーナー、柳澤 裕さん
「『AS CLASSICS DINER』さんは、間違いないハンバーガーだと思います。駒沢に本店があって、六本木ヒルズにも2号店があります。オーナーさんがこだわりの強い方で、僕も色々相談させてもらったんですけどほとんど手作りで、満足させるハンバーガーを作られてるし、ハンバーガー以外もかなり充実しててダイナーとして確立してるお店だな、と思います。
(ハンバーガー屋さんを始めたきっかけは?)
ハンバーガーが好きだっていうこと、お肉がすごい好きなんでお肉がうまいハンバーガーを自分で作りたいなと思って。
(すごい粗挽きですよね)
全部手でカットしてます。日本の1,000円くらいのグルメバーガー食べてみて、全然ファーストフードとは違うなって思ったのとか。そこらへんからハマりましたね」

◆明治神宮前でキャッチした21歳の女性2人組
「バカです(笑)。バーガー・バカでーす! バーガーのB はバカの B ですよー(笑)!
(いいですねー! ではさっそく好きなお店は?)
私は王道なんですけど『THE GREAT BURGER』ってアメリカンなお店のハンバーガーが好きですね。裏原の入り組んだ所にあります。好きなのはアボカドチーズバーガーかな。アボカド好きにはたまらないですね! がっつり、肉! チーズ!って感じでアメリカンです。これをもうギュッて潰して紙で包んでガブッと!! やっぱりハンバーガーはカブりつかないと意味が無いんで。フォークとかはダメですね! 汚れるとか気にせず!
(隣のお姉さんはどうでしょう~?)
バーガー・バカです! 『HOTEL EMANON』っていう道玄坂のほうにあるホテルみたいにオシャレな内装のカフェ。めっちゃバーガーのボリュームが凄いです! チェダーチーズバーガーでパテがビーフで超牛肉(笑)!! ここは食べた瞬間に“牛”だった!! 今まで食べた中で一番美味しかったです。挟まっている野菜もレタスとかじゃなくて香りのあるオシャレなやつでした。メッチャ美味しかったです! ホント食べて欲しい(笑)」

番組にはこんなメッセージも。

「僕のおススメは吉祥寺にある『JUSTmeet』です。ここの特徴は燻製ベーコンとスモークチーズが自家製で本当にもうウマウマなんです。小食の妻も、ペロリといける最高のバーガーですよ」

「北千住にある『SUNNY DINER』! サニーバーガーとベーコンレタスバーガーは本当におススメです。まずバンズに驚きます。もう、ふっかふかの、ふっかふか。多分初めて食べる人のほとんどが、“えっ、ナニコレ、超ふっかふかなんですけど?!”って思うと思います。肝心のお肉はそりゃあジューシー。もっと味わいたいけれど、飲み込みたい!という感情のループがキョウレツすぎて、無言で食べられます。付け合せのポテトも美味しくて、このお店に来た時は滅多に飲まないコーラを飲んじゃいます!!」

【熱い!! バーガー・バカたちのバーガー愛】
とにかく熱い、バーガー愛好家たちのおススメバーガーへの思い。街のボイスにもメッセージにもそれが現れていて、間違いなくグルメバーガーはブームを超え東京のひとつの文化として定着したのだなと思わせてくれました。
堀内貴之も「東京のクラフトバーガーが、間違いなくシーンのひとつになっているんだと感じて、これはまだまだ来るな! もっと盛り上がりそうだな、と思いました。大量消費時代が終わって、今アメリカでも一次産業回帰、よりナチュラルな方向へ、クラフトマンシップを感じる方向へと動いている。クオリティが高く、よりハッピーになれるハンバーガーも、そういう世の中の需要とマッチして登場したのかも」とコメント。
こだわりのグルメバーガーを思いきりかぶりつきたくなる、そんなオンエアとなりました。

(TOKYO FM「シンクロのシティ」2017年2月23日放送より)

最終更新:2/28(火) 18:19
TOKYO FM+