ここから本文です

慶大3年上杉海斗が前週優勝の内山靖崇から金星 [横浜/男子テニス]

2/28(火) 18:25配信

THE TENNIS DAILY

「慶應チャレンジャー国際テニストーナメント」(本戦2月27日~3月5日/賞金総額5万ドル/神奈川県横浜市・慶應義塾大学日吉キャンパス/ハードコート)の本戦2日目は、シングルス1回戦10試合とダブルス1回戦3試合が行われた。

男子は上杉海斗(慶應義塾大3年)が初の全国タイトル獲得 [H28インカレ室内]

 シングルスは1回戦がすべて終了し、ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場している大学3年生の上杉海斗(慶應義塾大学)が前週の京都(ATPチャレンジャー/5万ドル/室内カーペットコート)で優勝したばかりの内山靖崇(北日本物産)を6-4 1-6 6-3で破る金星を挙げた。上杉は2回戦で、ロイド・ハリス(南アフリカ)を6-3 6-4で下して勝ち上がった第6シードのルベン・ビーママンズ(ベルギー)と対戦する。

 そのほかの日本勢は、伊藤竜馬(北日本物産)と予選勝者の仁木拓人(三菱電機)が2回戦に駒を進めたが、ワイルドカードの綿貫陽介(グローバルプロテニスアカデミー)と志賀正人(GODAI)は敗れた。

 ダブルスでは、第3シードのアレックス・ボルト/アンドリュー・ウィッティントン(ともにオーストラリア)、マリン・ドラガニャ/トミスラフ・ドラガニャ(ともにクロアチア)、シェイ・チェン ペン(台湾)/守屋宏紀(北日本物産)が初戦を勝ち上がっている。

 3月1日(水)は10時00分から、シングルス2回戦4試合とダブルス準々決勝2試合および1回戦残り2試合が行われる予定。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝者、SEはスペシャル・イグザンプト

     ◇   ◇   ◇

【シングルス1回戦】

○5ブラズ・カブチッチ(スロベニア)4-6 6-0 6-4 ●6マリンコ・マトセビッチ(オーストラリア)

○8ジャン・ザ(中国)[7] 6-3 6-0 ●7綿貫陽介(グローバルプロテニスアカデミー)[WC]

○10マルコ・テパバッチ(セルビア)7-5 6-7(6) 6-1 ●9イ・ダクヒ(韓国)[3]

○12ブライデン・クライン(イギリス)[Q] 6-3 7-5 ●11フランコ・シュクゴール(クロアチア)

○15ブレイク・モット(オーストラリア)[Q] 6-2 6-3 ●16グレガ・ゼムラ(スロベニア)[5]

○17ルベン・ビーママンズ(ベルギー)[6] 6-3 6-4 ●18ロイド・ハリス(南アフリカ)[SE]

○20上杉海斗(慶應義塾大学)[WC] 6-4 1-6 6-3 ●19内山靖崇(北日本物産)

○22伊藤竜馬(北日本物産)7-6(3) 6-1 ●21ヨリス・デ ルール(ベルギー)

○27仁木拓人(三菱電機)[Q] 6-1 6-1 ●28志賀正人(GODAI)[WC]

○29クォン・スンウー(韓国)[Q] 6-3 7-6(2) ●30ジェイソン・ジュン(台湾)

--------------------

【ダブルス1回戦】

○4シェイ・チェン ペン/守屋宏紀(台湾/北日本物産)7-6(5) 4-6 [10-7] ●3ルベン・ゴンサレス/松井俊英(フィリピン/ASIA PARTNERSHIP FUND)

○6マリン・ドラガニャ/トミスラフ・ドラガニャ(クロアチア)4-6 6-4 [11-9] ●5ウー・ディ/イ・チュハン(中国/台湾)[4]

○12アレックス・ボルト/アンドリュー・ウィッティントン(オーストラリア)[3] 6-3 6-3 ●11ブライデン・クライン/杉田祐一(イギリス/三菱電機)

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:2/28(火) 18:25
THE TENNIS DAILY