ここから本文です

当面給食から除外 氷見市教委「細川」納入見合わせ/富山

2/28(火) 21:04配信

チューリップテレビ

 氷見市の食肉販売会社・細川がほかの産地の牛肉を氷見牛と表示して販売した疑いがある問題で、氷見市教育委員会は、この会社が扱う精肉の学校給食への納入を、当分の間、見合わせることを決めました。
 この問題は、氷見市の食肉販売会社・細川が氷見牛として販売していた肉の中に、ほかの産地の牛肉が含まれていた疑いがあるものです。
 現在、農水省・北陸農政局と、県が、食品表示法などに違反していないか調査しています。
 これらの現状を踏まえ、氷見市教委は、26日、精肉店で構成される『学校給食食肉納入組合』と協議。
 この中で、組合からは、「細川からの学校給食への精肉の納入を当分の間、控えたい」と申し入れがあり、教育委員会としても、保護者や子どもたちの不安を払拭するため、申し入れを了承しました。
 対象となるのは市内にある小・中学校あわせて15校の給食です。

 今後の対応については、北陸農政局などの調査の結果を待ち、その結果を見た上で決めたいとしています。

チューリップテレビ