ここから本文です

鹿島を苦しめる連戦の疲労 石井監督がACLムアントン戦の抱負を語る「コンビネーションの確立はまだだが......」

2/28(火) 16:00配信

theWORLD(ザ・ワールド)

ミッドウィークの試合が続いている鹿島

25日に行われた明治安田生命J1リーグ第1節で、FC東京に敗れた鹿島アントラーズ。同クラブは日本時間で28日の21時30分より、AFCチャンピオンズリーグのグループステージ第2節でムアントン・ユナイテッド(タイ)と対戦する。

同クラブを率いる石井正忠監督はクラブ公式ホームページのコメントで、同試合にむけて意気込みを語った。

「蔚山現代、ムアントン、ブリスベン・ロアーとの最初の対戦で勝つことが、グループステージ突破にむけて重要になります。ムアントンのホームスタジアムではなく、スパチャラサイ国立競技場での試合になりますが、スタジアムが大きくても小さくても影響はありません。完璧なコンビネーションはまだできていませんが、(プレイの)質の高さは維持できていますし、良い準備はできています」

FC東京戦では相手のプレッシングサッカーに押し込まれ、自軍の持ち味であるパスワークを披露できなかった鹿島。同リーグ開幕前に行われた連戦の疲労のためか、同試合ではセカンドボールへの反応の鈍さが目立った。ミッドウィーク開催の試合が続いている同クラブだが、中盤での選手同士の距離感を適切に保ち、セカンドボールの奪取率を上げることができるだろうか。中盤での攻防が勝敗を分けると言っても過言ではないだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報

今日のJリーグ 試合情報

J1