ここから本文です

ドルトムントの若きSBが掴んだ確かな手ごたえ「全員がきちんと......」

2/28(火) 19:01配信

theWORLD(ザ・ワールド)

「監督の指示通りプレイできた」

現地時間25日にブンデスリーガ第22節が行われ、ドルトムントがフライブルクに3‐0で勝利した。

同クラブDFエリック・ドゥルムはクラブ公式ホームページのコメントで同試合を振り返るとともに、DFBポカール準々決勝のシュポルトフロインデ・ロッテ戦にむけて意気込みを語っている。

「簡単な試合ではなかったけれど、僕らは立ち上がりから監督の指示通りプレイすることができた。フライブルクに決定機らしい形を作らせなかったと思う。うちは前線の選手も含め、全員が連動して守備をした。これでロッテとの試合にも士気を高めて挑むことができると思う。難しい試合になるけれど、何としても次のラウンドに進みたいね」

同試合では無尽蔵のスタミナを活かして攻守両面で貢献したドゥルム。守備時にサイドが数的不利に陥りがちな[3‐4‐2‐1]の布陣のウイングバックで先発出場を果たし、献身的な走りっぷりで右サイドの守備を引き締めた。全選手による連動した守備が徐々に浸透し、トーマス・トゥヘル監督が信奉する布陣も機能し始めた同クラブだが、今後も連勝を重ねることができるだろうか。前線からの獰猛なプレッシングを継続することが、更なる躍進に不可欠であることは確かだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合