ここから本文です

月桂冠の記念館が無料開放、試飲も

2/28(火) 12:00配信

Lmaga.jp

1637年(寛永14年)創業の京都市伏見区の日本酒メーカー「月桂冠」が、『月桂冠酒蔵まつり』を「月桂冠大倉記念館」(京都市伏見区南浜町)で3月18日に開催する。

【写真】白鶴が提案する酒とスイーツの組み合わせ

「しぼりたて大吟醸」など6アイテムの有料試飲や、蔵元の酒粕を使用した「甘酒」の振る舞いがおこなわれる同イベント。会場では酒造り唄やジャズ、フォークソングのミニコンサートが開かれ、同記念館や隣接する酒造場内も時間限定で案内してもらえる。自由見学は出来ないが、通常大人300円、中高生100円の入館料が、この日は無料。

このイベントは、京都・伏見地区の蔵元が参加する『第11回 伏見の清酒 新酒蔵出し日本酒まつり』の一環。18日に「伏見の清酒きき酒会」や物産市、月桂冠を含む伏見酒造組合の10社が、蔵元イベントを実施する。

最終更新:2/28(火) 12:00
Lmaga.jp