ここから本文です

高杉真宙、いくえみ綾『プリンシパル』実写化映画でモテ男子・桜井和央役に!

2/28(火) 17:00配信

クランクイン!

 累計120万部突破のいくえみ綾による人気コミック『プリンシパル』の実写映画『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』に高杉真宙が出演することが明らかになった。高杉は「高杉真宙だから演じられる桜井和央にしたいと思います」と意気込みを語っている。

【関連】「高杉真宙」フォトギャラリー


 本作は、東京から北海道の札幌へと引っ越した女子高生の住友糸真(黒島結菜)が、学校で一・二位を争うタイプが真逆のモテ男子・舘林弦(小瀧望)、桜井和央と織りなす恋愛模様を描く青春ラブストーリー。高杉が演じる和央は、幼馴染でありながら、ワイルドでぶっきら棒な弦とは正反対で、いつも笑顔で誰にでも優しく、皆から慕われている王子様気質のモテ男子だ。

 高杉は和央について「一見誰にでも優しく、誰にも好かれる人ですが、実は高いプライドを秘めていて男っぽく、執着心といえるほど真っ直ぐな意思を持つキャラクターだと思っています」とコメント。また「自分は漫画が好きで原作のファンでもあるので、いろいろなご意見もあるだろうなとも思います。ただ、桜井和央という人物に息を吹き込めるよう、愛を持って演じたいと思います。高杉真宙だから演じられる桜井和央にしたいと思います」とも語っている。

 原作者のいくえみは、「和央はとても王子様っぽいキャラクターなので、なかなか王子様的な人はいないだろうと思っていたのですが高杉さんにはまさしくピンときた感じです。原作とイメージがそのままだったのと、実際に現場でお会いしたら和央そのままだったのでとても驚きました。点数で言うと、和央の再現度は120点!」と高杉のキャスティングを絶賛。また「漫画そのままというよりはとらわれずに高杉さんなりの和央を作って欲しいと思っています」とエールを送っている。

 映画『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』は2018年、全国ロードショー。

最終更新:2/28(火) 17:00
クランクイン!