ここから本文です

子宮摘出の立会人に「おっさんレンタル」。衝撃の結末に…

BuzzFeed Japan 3/1(水) 11:09配信

Twitterユーザーのめんたい。さんが話題だ。彼女は45歳にして子宮筋腫が見つかり、「全摘出」を選んだ。女性として大きな決断ではあるものの、彼女は子宮を失うことに対して、何も感慨がなかった。ただひとつだけ、課題があったのだ。それは立会人が必要であること。両親はいない。兄弟とは疎遠。友人にも頼りづらい……そこで選んだのが「おっさんレンタル」だった。【BuzzFeed Japan / 嘉島唯】

生理痛もなく、周期も順調だったが、膀胱炎で病院に足を運んだところ、子宮筋腫が見つかった。卵大の筋腫は3つもあった。

急いで摘出する必要もない。しかし、めんたい。さんは全摘出を選んだ。

「恋人もいないし結婚の予定もない、この年令から妊娠出産育児とか無理。そしてそれを実現できる奇特な男性は存在しないと思うので全摘でいいです。あと生理なくなって便利。しかも卵巣残るなら更年期ないんでしょ? だったらお願いします」

担当医は、彼女の言葉をカルテに記した。しかし、問題が一つだけあった。友人でも問題ないが立会人が必要だというのだ。

身寄りのない彼女は、「おっさんレンタル」というサービスを使うことを選んだ。

「おっさんレンタル」とは、その名の通り「中年男性」をレンタル予約できるサービスだ。立会人が必要でもあるが、単純に興味もあった。サービスの創業者、西本貴信さんの著書『「おっさんレンタル」日記』を読み、ここに頼もうと決めた。

手術の30分前におっさんは現れた。予備知識もなく。

婦人科の手術立ち会い。なかなかハードな内容だったが、メールで問い合わせをしたところ、レンタルできるおっさんが見つかった。

予約は一ヶ月前。手術の30分前にベッドサイドで会話をし、術中および全身麻酔から醒めるまで5時間の待機。これがめんたい。さんの依頼だった。

現れたのは、青白い顔をした47歳のおっさんだった。手にはキティちゃんのぬいぐるみを持っていた。友人の設定で軽く挨拶をし、手術の説明をその場で初めてした。ある単語を聞いた瞬間、顔色が変わる。

「子宮全摘出」

自分が手術をうけるわけでもないのに、おっさんは明らかに落ち込んでいた。「子宮とっちゃうんですか?」、「結婚はしないんですか?」彼は真剣に聞いてきた。めんたい。さんは後悔した。「事前に手術の話をしておけばよかった」。

1/3ページ

最終更新:3/1(水) 11:09

BuzzFeed Japan

Yahoo!ニュースからのお知らせ