ここから本文です

給料が高いIT企業 TOP10(アメリカ編)

3/1(水) 14:43配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

近年、高いITスキルを持つ人材の需要が増えていることに疑いの余地はない。そして、世界にはそのような人々に大金を払うことをいとわない超有名企業がいくつもある。
IT系求人サイトPaysaは、10万社以上の企業から得た3500万人の給与情報と、数千万もの履歴書のデータを分析して、IT企業で働く際の給料の目安などを公開している。
以下は、Paysaによる「給料が高いアメリカのIT企業Top10」のリストだ。このリストでは、給料の中央値ではなく、平均収入が採用されている。株式や賞与の極端な数値が原因で、不正確なデータを反映するのを避けるためだ。
リストに挙げられる数値は給与の合計。基本給、賞与、株式、そして(もし、あるなら)契約金も含めて計算されている(*給与レベルが非常に高く感じられるのはそのためである)。

高給IT企業のCEOはどんな人?画像はこちら

10. OpenTable

サンフランシスコに拠点を置くオンラインレストラン予約サービス企業

●平均年収:25万1000ドル(約2850万円)
●平均基本給:13万8000ドル(約1565万円)
●給与の幅:16万5000ドル~34万6000ドル(約1870万円~約3925万円)

9. LinkedIn

ビジネス特化型ソーシャル・ネットワーキング・サービス(2002年設立)

●平均年収:26万2000ドル(約2970万円)
●平均基本給:14万4000ドル(約1630万円)
●給与の幅:16万ドル~37万5000ドル(約1815万円~約4250万円)

8. マイクロソフト

ワシントン州、レドモンドに拠点を置く巨大IT企業(1975年創業)

●平均年収:26万9000ドル(約3050万円)
●平均基本給:16万1000ドル(約1830万円)
●給与の幅:16万3000ドル~38万6000ドル(約1850万円~約4380万円)

7. Airbnb

サンフランシスコを拠点とする宿泊施設のソーシャル・ネットワーク企業

●平均収入:27万1000ドル(約3070万円)
●平均基本給:14万3000ドル(約1620万円)
●給与の幅:19万6000ドル~35万ドル(約2220万円~約3970万円)

1/2ページ