ここから本文です

「刻みのりからノロウイルス」の衝撃 製造元が語る「汚染の経路」

3/1(水) 15:50配信

BuzzFeed Japan

東京都立川市の小学校で発生した、児童と教職員1000人におよぶ集団食中毒事件の原因は、のり製造業の東海屋(大阪市)が学校給食用に卸した「刻みのり」だと特定された。都によると、和歌山県御坊市や東京・小平市でも、同じ刻みのりを食べた人たちが、食中毒の症状を訴えているという。刻みのりから、ノロウイルスが検出されたことについて、ネット上では驚きの声が相次いだ。のりは、なぜ汚染されていたのか?【BuzzFeed Japan / 渡辺一樹】

製造元の東海屋はミスを認め、謝罪。商品を自主回収すると発表した。同社は、ノロウイルスに汚染された経緯について、のりを裁断・梱包する段階で起きた可能性が高いとしている。

東海屋は、BuzzFeedの取材に次のように説明した。

1. のりは兵庫県瀬戸内海産。
2. 東海屋が、兵庫県漁連から仕入れたのりについて、姫路市内の委託加工業者が「焼き加工」をした。
3. 焼き加工は、コンベア式の機械を使って、250度から300度で10秒程度、加熱する。ウイルスがあったとしてもその時点で死滅するはずだ。
4. 東海屋は、姫路の業者から納入されたのりを開封せず、大阪市内の加工業者へ運び込んだ。
5. ノロウイルスは、この大阪市内の加工業者が、のりを裁断・梱包する段階で混入したと考えられる。
6. 東海屋は、この加工業者が同じ日に製造した商品について自主回収する。対象は全部で500パック程度だ。

ネット上では「海で汚染されてそのまま製品化されたのだろうか」といった疑問の声も出ていた。だが、兵庫県漁連の担当者は、BuzzFeed Newsの取材に「のりが原料の時点でノロウイルス汚染されていたというケースは一般的ではなく、聞いたことがありません」と話す。他に被害報告はないという。

ノロウイルスに詳しい北里大学の片山和彦教授も、BuzzFeed Newsの取材に「のりがノロウイルス汚染されていたケースは、他に聞いたことがない」と答える。

「業者の説明のどおりの加熱がされているなら、ウイルスの感染力はなくなるはずだ。ウイルスはタンパク質なので、熱を加えたら変化して元には戻らない。都の調査では、ノロウイルスが検出されなかったパックもあるので、原料全体が汚染されていたことは考えにくい。加熱後の過程で、汚染された可能性が高いだろう」

1/2ページ

最終更新:3/1(水) 22:24
BuzzFeed Japan